2016年WCTウイメンズ第五戦「フィジー・ウイメンズ・プロ」:最終日ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

優勝のジョアン・デフェイ photo:WSL

優勝のジョアン・デフェイ photo:WSL

現地時間2016年5月31日、フィジーのクラウドブレイクをメイン会場、レストランをバックアップ会場にしたWCTウイメンズ第五戦「フィジー・ウイメンズ・プロ(Fiji Women’s Pro)」が終了。

優勝を飾ったのは、WCTイベント優勝2度目となるレユニオン島出身のジョアン・デフェイという結果となりました。

2016年フィジー・ウイメンズ・プロ情報&ベサニー・ハミルトンのウォームアップ動画

2016年WCTウイメンズ第五戦「フィジー・ウイメンズ・プロ」:初日ハイライト

2016年WCTウイメンズ第五戦「フィジー・ウイメンズ・プロ」:二日目ハイライト


スポンサーリンク



クオーターファイナルからスタートした本日。クオーターでは、コートニー・コンローグとサリーフィッツギボンズが敗退という波乱の幕開けとなりました。

クオーター終了時点で勝ち上がっていた上位陣はカリッサ・ムーアのみ。クオーターのカリッサは、ウイメンズのフィジーイベントでは見たことのないほどロングバレルをメイクしてパーフェクト10。

さらにダメ押しで、パーフェクト10ほどディープではないものの、再びバレルをメイクして9.03ポイントをマーク。今回のカリッサはCJホブグッドをコーチにしているので、バレルメイクのポイントを伝授されたのかもしれませんね。

カリッサ・ムーアのパーフェクト10@クオーターファイナル

カリッサ・ムーアの9.03pt@クオーターファイナル

セミファイナルは、ヒート1がジョアン・デフェイvsベサニー・ハミルトン、ヒート2がカリッサ・ムーアvsビアンカ・ビュイテンダグの組み合わせ。

ベサニー・ハミルトン photo:WSL

ベサニー・ハミルトン photo:WSL

ヒート1はミディアムサイズの波に乗ったジョアンが、一本目の波で9.20ポイントを出す好調ぶり。一方のベサニーは、昨日までとは一変し、ハイスコアに繋がるライディングを出すことができず、見せ場を作ることなく敗退しました。

しかし、今イベントでのベサニーの活躍を見て誰もが感じたはず。ウイメンズのフリーサーファーとしてベサニーが世界トップレベルであることを。ベサニーは、身をもって「不可能を可能にする」ことを我々に教えてくれましたね。

ジョアン・デフェイの9.20pt@セミファイナル

セミファイナルのヒート2は、クオーターに続いてカリッサが爆発。今シーズンのカリッサは、今イベントまで全てセミファイナル敗退の3位でしたが、これまでの鬱憤を晴らすかのよう、9ポイント台を2本揃えてビアンカをコンボに追い込み、今季初のファイナル進出を果たしました。

カリッサ・ムーアの9.77pt@セミファイナル

カリッサ・ムーアの9.27pt@セミファイナル

ファイナルは、ジョアンvsカリッサ。ここまでの流れを見た限り、カリッサの優勝がほぼ確実と思われましたが、分からないものです。ファイナルのカリッサは一気に勢いが落ち、ファイナルでのハイスコアは6.67ポイント。

一方のジョアンは、手堅く8ポイント台を二本揃え、カリッサをコンボに追い込んでの優勝を決めました。ちなみに、ジョアンがこれまでのWCTイベントでファイナリスト入りしたのは2回で、今回を入れて2回とも優勝という勝負強さを見せています。

今イベントを終えてのWCTウイメンズのトップ10は以下の通り。

2016 WCT Womens Rank Top 10 after stop 5

ポイントだけを見ると上位3名がリード。ただ、ワールドタイトルの計算方法は、シーズン終わりにワースト2の結果を削除した合計ポイントで争います。

つまり、現時点だけで計算すると、タイラーは13位と5位の結果が削除されるので、合算されるランキングはすべて優勝。圧倒的にタイラーが有利な状況には変わりません。

ウイメンズの次なるWCTイベントは、7月25日からウェイティングピリオドのスタートするUSオープン。同イベントのディフェンディングチャンピオンは、今回の優勝者であるジョアン・デフェイとなっています。

イベント詳細は下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Fiji Women’s Pro

本日の結果

・ファイナル

1st: Johanne Defay (FRA) 17.10

2nd: Carissa Moore (HAW) 10.70

・セミファイナル

Heat 1: Johanne Defay (FRA) 17.47, Bethany Hamilton (HAW) 11.06

Heat 2: Carissa Moore (HAW) 19.04, Bianca Buitendag (ZAF) 16.60

・クオーターファイナル

Heat 1: Bethany Hamilton (HAW) 12.33, Nikki Van Dijk (AUS) 11.26

Heat 2: Johanne Defay (FRA) 15.07, Courtney Conlogue (USA) 14.00

Heat 3: Carissa Moore (HAW) 19.03, Laura Enever (AUS) 15.77

Heat 4: Bianca Buitendag (ZAF) 14.40, Sally Fitzgibbons (AUS) 10.67

ハイライト動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)