WQSイベント@千葉の裏側映像&優勝したエヴァン・ガイゼルマンの使用ボード

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Evan Geiselman's Instagram

via Evan Geiselman’s Instagram

先日開催された日本を舞台としたQS6,000イベント「Ichinomiya Chiba Open」。WQSイベントとしては2番目に高いグレードのイベントであり、日本国内で開催されるWQSイベントのグレードとしては最大。

海外からも多くのトッププロたちが集まるイベントとなり、昨年のパイプラインでの事故が有名なエヴァン・ガイゼルマンが優勝し、自身のキャリア最大となるコンテスト結果を収めました。

パイプライン(オアフ島)で意識不明となったエヴァン・ガイゼルマンの続報

今回の動画は、エヴァン・ガイゼルマンといった同イベントのために来日した海外サーファーをフィーチャーしたホームビデオのような映像をお届けします。


スポンサーリンク



千葉でのフリーサーフ映像だけでなく、レイデイ(コンテストのオフ日)には千葉から東京へと移動して観光。やっぱり、渋谷のセンター街は定番ですね。

ミッチ・クルーズ率いる観光映像が終わると、エヴァンを中心としたコンテスト映像。青のコンテストジャージを着たグーフィーフッターがエヴァンで、赤がレオナルド・フィオラヴァンティです。

今回、エヴァンはQS6,000イベントで優勝したので、獲得ポイントは6,000ポイント。ただ、このポイントは来季のWCT入りに王手というほどのポイントではありません。

QS6,000よりグレードの高いイベントはQS10,000イベントのみですが、QS10,000で優勝は10,000、準優勝は8,000、3位は6,500と、QS6,000優勝以上のポイントになるので。ただ、大きな弾みになることは間違いないでしょう。

WSLが運営するプロサーフィンツアーの「WCT」と「WQS」について

最後に、エヴァンの体形は身長180センチ体重68キロ。今回のイベントを通して使用していたボードサイズは「5’10 x 18 1/2 x 2 1/4」で25.5リッターとのこと。



エヴァン・ガイゼルマンの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ボトムターンが参考になるバハ&レイキーでの映像:エヴァン・ガイゼルマン

NEFFチームライダーのサーフ映像シリーズ3:エヴァン・ガイゼルマン

リーフの「Just Passing Through」シリーズ第二弾:ミッチ/アダム/エヴァン@バリ

シューズ/アパレルブランド「Reef(リーフ)」の最新サーフムービー「Exit」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)