唖然とさせられる「レッドブル・ケープ・フィア@2016」のハイライト&ベストバレル動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Ryan Hipwood 2016 Cape Fear

世界一危険なサーフイベントとして、世界中のサーファーに興奮を与えて幕を閉じた2016年の招待制ビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア(Red Bull Cape Fear)」。

同イベントにおけるアクションシーンのハイライト&ベストバレル映像が、主催者であるレッドブルからようやく公開されたので、今回はハイライト&ベストバレル動画に加え、同イベントの成り立ちといったストーリーをお届けします。


スポンサーリンク



レッドブル・ケープ・フィアとは

同イベントを語る上で欠かせない存在となるのが「ブラ・ボーイズ(Bra Boys)」。イベントをライブ観戦していた人なら気付いたかもしれませんが、体の一部に「Bra Boys」とタトゥーの入った出場サーファーがいました。

彼らは、イベント会場近くのマルーブラ(Maroubra)出身で、ケープ・フィアやアワーズと呼ばれる同会場をホームブレイクとしています。ブラ・ボーイズは、サーファーを中心としたギャング集団で、過去にはかなりの暴力沙汰事件も起こし、2007年にはドキュメント映画もリリースされています。

そんなブラ・ボーイズのホームブレイクで開催のレッドブル・ケープ・フィアは、16名の招待サーファーが対戦するビッグウェイブイベントですが、ただのイベントではありません。

構図としては、ローカル(ブラ・ボーイズ)vsビジター(オーストラリア国内外のトップクラスのビッグウェイブサーファー)となっているのです。

そのため、初年度はシェーン・ドリアン、ジェイミー・オブライエン、ブルース・アイアンズといったインターナショナルサーファーも出場。ただ、ビッグウェイブイベントの開催は前もって日程を組めないため、二回目となる今回はスケジュールの都合からオールオーストラリアンでの開催となりました。

レッドブル・ケープ・フィアのファイナル

16名が参加し、マンオンマンの8ヒートを開催し、各ヒートを勝ち上がった8名のサーファーの中で、トータルスコアでトップ4がファイナルに勝ち上がる同イベント。

ファイナル進出を果たしたのは、ビジター側のライアン・ヒップウッドとラッセル・ビールキ、ローカル側のコビー・アバートンとジェームス・アダムス(トータルスコアでは、実はジャステン・アルポートがファイナル進出でしたが、ワイプアウトで後頭部を縫う怪我を負って棄権)。

トウイン30分+パドルイン30分のファイナルで先にトウインを行ったのはコビーとジェームス。ブラ・ボーイズの中心的人物であり、エディイベント出場経験のあるコビーは、怖いもの知らずなサーフィンで突っ込みまくり、30分のトウイン終了時点でトップに立ちます。

続いて、ライアンとラッセルがトウインの順番になると、この二人はテクニカルな面で光る完璧なライン取りをし、終わってみればラッセルが優勝、ライアンが準優勝というビジターのワンツーフィニッシュとなりました。

トウインサーフの新たな形

トウインサーフ用のサーフボードと言えば、従来は足を固定するストラップ付きのボードが一般的でした。しかし、今回の出場サーファーが使っていたのは、主に5フィート台の通常のショートボード。

波のフェイスにステップ(段差)が発生し、細かいライン調整をするためには、通常のボードの方がコントロール性能については優れているとの理由からだと思います。

非常に興味深くあり、トウインサーフの方向性も多様化してきているのだと感じさせられました。

まとめ

長々となりましたが、とにかく「ヤバい」や「エグい」と感じながら、心を熱くさせられた今回のイベント。是非とも、アクションのハイライト&ベストバレル動画をチェックして下さい。

ちなみに、コンテストディレクターのマーク・マシューズが今回は出場していませんでした。理由は、昨年12月に開催されたBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」開催当日の朝に負った怪我が完治していないため。

怪我からすでに半年ほど経つにもかかわらず、未だ完治していないマーク。いかにビッグウェイブサーフィンが危険であるのかが分かります。

イベント詳細は下記リンク先からチェックして下さい。

公式サイト「Red Bull Cape Fear

ライブリプレイ「Red Bull Cape Fear

ハイライト動画

ベストバレル動画



レッドブルエナジードリンク 250ml×24本
レッドブル・ジャパン
売り上げランキング: 1,373

ワイプアウト特集動画を含む下記過去記事も併せてチェックして下さい。

WCTサーファーもストーク!ビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア@2016」