• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

Justin Becret Hawaii

世界のサーフシーンにおいて、注目を集めるグロムサーファーの多くはアメリカ(ハワイを含む)、オーストラリア、ブラジルのサーファーが多いです。

しかし、ヨーロッパも負けてはいません。特に、ヨーロッパの中で最もコンテストシーンが熱いと言われるフランスのキッズサーファーも見過ごすことができないですね。

今回の動画は、フランス出身のスーパーグロムサーファーのジャスティン・ベクレ「Justin Becret」(14歳)のハワイでのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



スーパーグロムの動画として注目を集める内容は、大人顔負けのトリックやアクションといったマニューバ系の映像が最も多いのではないでしょうか。

しかし、ジャスティンの特筆すべき点はハワイのビッグウェイブでのチャージ。散々波に巻かれるものの、小さな体でワイメアやパイプラインにチャージするのです。

ボルコムライダーであるジャスティンのライダー紹介ページを見ると、「バレルの中から見る光景が好き」とのコメントが。だからこそ、チャージを繰り返すそうです。

ちなみに、アンディ・アイアンズのカーヴィングがベストスタイルと話すジャスティン。14歳でありながら、見た目的に派手なエアリアルではなく、カーヴィングを選ぶところも他のグロムとは少し違いますね。

フリーサーフの関連記事
  • モロッコ&テロスでのセッションbyノア・ディーン
  • 絶好調ルーキーのコナー・コフィンによる最新動画@カリフォルニア&ハワイ&オーストラリア
  • キャッチサーフチームのオーストラリアツアー!シドニーからゴールドコーストへ
  • フィジーではインターフェアで悔しい思いをしたコナー・コフィンのフリーサーフ動画
  • タジ・バロウ ノースポイント 西オーストラリア
    パパとなったタジ・バロウも登場するWA州ノースポイントセッション
  • 斜め回転のエアリバースまでメイクするぶっ飛びサーフ@ヨーロッパ:ジョーディ・スミス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事