オアフ島ノースショアで猛チャージを繰り返す14歳のジャスティン・ベクレ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Justin Becret Hawaii

世界のサーフシーンにおいて、注目を集めるグロムサーファーの多くはアメリカ(ハワイを含む)、オーストラリア、ブラジルのサーファーが多いです。

しかし、ヨーロッパも負けてはいません。特に、ヨーロッパの中で最もコンテストシーンが熱いと言われるフランスのキッズサーファーも見過ごすことができないですね。

今回の動画は、フランス出身のスーパーグロムサーファーのジャスティン・ベクレ「Justin Becret」(14歳)のハワイでのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



スーパーグロムの動画として注目を集める内容は、大人顔負けのトリックやアクションといったマニューバ系の映像が最も多いのではないでしょうか。

しかし、ジャスティンの特筆すべき点はハワイのビッグウェイブでのチャージ。散々波に巻かれるものの、小さな体でワイメアやパイプラインにチャージするのです。

ボルコムライダーであるジャスティンのライダー紹介ページを見ると、「バレルの中から見る光景が好き」とのコメントが。だからこそ、チャージを繰り返すそうです。

ちなみに、アンディ・アイアンズのカーヴィングがベストスタイルと話すジャスティン。14歳でありながら、見た目的に派手なエアリアルではなく、カーヴィングを選ぶところも他のグロムとは少し違いますね。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)