国内ロードトリップ中のトレン・マーティンが南オーストラリアでフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Torren Martyn South Australia

トータル3ヶ月間の予定で、オーストラリア国内をロードトリップしながらトリップ動画を公開しているトレン・マーティン(Torren Martyn)。

これまでは、ホームであるバイロンベイからスタートし、前回までにNSW(ニューサウスウェールズ)州からVIC(ビクトリア)州へと移動。

トレン・マーティンがルーツを辿るロードトリップ@オーストラリア~バイロンベイ編~

トレン・マーティンのオーストラリア国内ロードトリップ@サウスコースト

トレン・マーティンがロードトリップで訪れたVIC州ベルズビーチ@オーストラリア

今回の動画は、トレン・マーティンがSA(サウスオーストラリア)州を訪れた際のフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



ツイニーとも呼ばれるツインフィンがトレードマークのトレン。ツインフィンであれば、オープンフェイスでのターンのイメージが強いのですが、今回の波はバレルがメイン。

しかも、かなりヘビーバレルのようで、プロサーファーのトレンでさえもふっ飛ばされまくりのワイプアウトが目立つくらい。

何はともあれ、ひたすら車を走らせ、各地で素晴らしい波を見つけてはサーフというロードトリップは羨ましいですね。トレンは、フィルマーと二人で今回の旅に出ていて、ほぼテント生活とのこと。

羨ましい限りと思えますが、楽しいだけではないのが撮影トリップ。あまり知られていないマイナーエリアを訪れることが多いので、撮影となるとローカルから圧力をかけられることもあるそうです。

ローカルとしては、日の目を浴びずにそっとしておいて欲しいサーフスポットがあるためですね。撮影に限らず、ローカルとビジターの問題は世界中で共通していますが、互いのコミュニケーション不足が理由の一つであるようにも思えます。

両者ともに楽しむために海に入っているので、とにかく笑顔で挨拶を交わすことが大切ではないでしょうか。たま~に、威圧的で怖い人がいるので困っちゃいますが・・・。