• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

Joel Tudor Duct Tape

トラディショナルなログイベント、昔ながらの仲間内で楽しむクラブイベントといった原点回帰とも言えるバンズ(Vans)主催イベント「ダクト・テープ・インビテーショナル(Duct Tape Invitational)」。

イベントオーガナイザーは、言わずと知れたジョエル・チューダー「Joel Tudor」(40歳)。そのダクト・テープが先日、カナダのトフィーノで開催となりました。

今回の動画は、ダクト・テープ・インビテーショナルの様子や、トフィーノまでのロードトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク



今年はバンズの50周年。ということで、ダクト・テープ出場者ではないタナー・グダスカスレイラ・ハースト、ウェイド・グッドオールといったバンズライダーもロードトリップに便乗。

トフィーノまでの1,500マイル(約2,400キロ)の道中、各地でサーフしたり、スケートパークがあればスケートをしたり、アレックス・ノストはバンド「Tomorrows Tulips」でライブを行ったりと盛りだくさんな内容。

動画は前半がトフィーノまでのロードトリップ、後半がダクト・テープのイベント映像となっています。

ちなみに、トラディショナルなログイベントと紹介したダクト・テープですが、ルールは以下の通り。

・シングルフィン
・ボードの長さは9'2"以上
・ボードの重量は12ポンド(約5.4キロ)以上
・リーシュコードなし

ロングボードイベントは一時期、ショートボードのようなハイパフォーマンス志向へと移行した時期があったので、時代に左右されることのないクラシックロングボードの良さを取り戻そうと、ジョエル・チューダーが2010年からスタートさせた招待制イベントです。



  • 豪華サーファーによるオーストラリア国内フリーサーフ動画イベント「Oakley Battle Clips」
  • 2015年度ザ・アルティメイト・ウォーターマン:第四&五種目ハイライト
  • バルーン照明にLED!アングレット(フランス)で開催されたナイトサーフィンコンテスト
  • ヨーロッパがメインの2015/2016年シーズン「The Winter Session」のハイライト動画
  • ヤバすぎる2015/2016年シーズン豪ビッグウェイブアワードがファイナリスト発表
  • 2015年度ザ・アルティメイト・ウォーターマン:第三種目ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事