ドローン撮影によるサンシャインコースト(オーストラリア)の炸裂ビーチブレイク

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Drone Sunshine Beach AUS

オーストラリアQLD(クイーンズランド)州ゴールドコーストの北に位置するサンシャインコースト。サンシャインコースト北部は、ロングボーダーの聖地として知られるヌーサヘッズです。

そのヌーサヘッズの南に伸びるサンシャインビーチにおいて、大炸裂となったビーチブレイクセッションを先日お届けしました。

豪東海岸を襲ったビッグスウェルを求めてサンシャインコーストのビーチブレイクへ@2016/6

今回の動画は、特にレフトハンダーが炸裂していたサンシャインビーチでのドローン映像をお届けします。


スポンサーリンク



ドローン撮影者によると、「このエリアで、これだけのコンディションになることは滅多にない」というほどのベストウェイブ。

セッションに参加した若手サーファーでローカルのハリー・ブライアントも「今日ほどのベストコンディションは初めて見たよ。自宅から100メートルの距離でワールドクラスのビーチブレイクが割れてるなんて最高!」と、SNSでコメントしています。

ドローン映像以外でインパクトを受けたのは、使用されている楽曲。「Gooey」というアーティストによる曲「Glass Animals」のリミックス版なのですが、ジョンジョン・フローレンスのシグネチャームービー「View From A Blue Moon」でも使用されているのです。

ジョンジョン・フローレンスのシグネチャームービーで未使用動画@西オーストラリア

ロケーションベースのジョンジョン作品の中で、ジョンジョンのホームであるオアフ島ノースショアのシーンという作品の山場で使用されている同楽曲。

近年のフリーサーフムービーなら、一度見て終わりの動画が多いので曲とサーフシーンが記憶に残ることが少ないのですが、ジョンジョン作品はあまりにクオリティが高く、繰り返し見ているので思わず反応してしまいました。

さて、話をドローン撮影に戻すと、今回の撮影に利用したドローンは、サーフィン撮影では定番となっている「Phantom 3」とのこと。