必見!レッドブルイベントと同日に開催されていたボディボーダーのスラブセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

2016 Shark Island Challenge

フィジーで開催されていたワールドツアーイベントも影を潜めるほど、世界中のサーファーを熱狂させたビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア」。

レッドブルイベントが開催されていた同日、実はボディボードの招待制イベントも近くの会場で開催されていたのです。

今回の動画は、ボディボードの招待制イベント「シャーク・アイランド・チャレンジ(Shark Island Challenge)」のハイライト映像をお届けします。この波も、かなりヤバいことになっています。


スポンサーリンク



シャーク・アイランド・チャレンジの会場は、オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州クロヌラ(Cronulla)に位置するクロヌラビーチから100メートル沖合のサーフスポット「シャークアイランド」。

レッドブルイベントの会場であるケープ・フィア(アワーズとも呼ばれます)はボタニー湾に位置するので、両イベント会場は目の鼻の先といったほど近距離。

両イベントともに、波は海底の棚が一気に浅くなることで発生するスラブ(slab:底ボレするバレル)で、スラブといえばボディボーダーの方が歴史があります。

スラブとは、もともとボディボーダーくらいしかサーフしない波でした。ケープ・フィアなんかも、当初サーフしていたのはボディボーダー。では、なぜボディボーダーしかサーフしていなかったのか?

その理由は、ボディボードで波に乗る時、ショートやロングのようなスタンドアップサーフィンとは違い、立ち上がる動作がないため。スラブのような一気にホレ上がる波質だと、立ち上がろうとする時にふっ飛ばされるためです。

ただ、今ではスタンドアップサーフィンでも当たり前のようにスラブにチャージするので、進化したと言えますね。何はともあれ、浮力の少ないボディボードなので、ショートボード以上に深いライン取りとなるライディングは必見です。