Clay Marzo WA

人前に出ることが苦手なアスペルガー症候群を患っていることから、表舞台に出てくることはまずない、ハワイのマウイ島出身である天才肌サーファーのクレイ・マルゾ「Clay Marzo」(26歳)。

グーフィーフッターのクレイにとってフロントサイドとなるレフトハンダーの実力は世界的にも認められ、フィジーイベントでは「クレイにワイルドカードを」というムーブメントもあったほどです。残念ながら、ワイルドカードは与えられませんでしたが。

クレイ・マルゾをフィジーイベントへ!ワイルドカードを求めるハッシュタグ運動

今回の動画は、クレイ・マルゾによるオーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州でのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク


サーフシーズン毎に、ホームであるマウイ島と西オーストラリアの2つの拠点を行き来するライフスタイルを送っているクレイ。すでにハワイのシーズンは終わったということで、今回の動画は西オーストラリアで撮影されたものとなります。

クレイのシグネチャームーブと言えば、波のトップでフィンが抜けた瞬間にテールを一気に蹴りこんで回すダイナミックなブローテールですが、今回はブローテールは見られません。

その代わり、撮影地は西オーストラリア北西部だと思いますが、同エリアでは有名なスラブ(slab:底ボレするバレル)でのセッションがメインとなっています。

今回のセッションでクレイが使用しているボードは、スーパーブランドからリリースされているクレイのシグネチャーモデル「マッド・キャット」。

スーパーブランドからリリースのシグネチャーモデル「マッド・キャット」:クレイ・マルゾ

これまでにも、クレイが西オーストラリアでフリーサーフする動画は頻繁に公開されていますが、個人的に気になる点が一つあります。

動画では、クレイはボードショーツのみでサーフしていますが、周りのサーファーはウエットスーツを着ています。寒くないんですかね・・・。


クレイ・マルゾの最近の過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

クレイ・マルゾのフリーサーフ@西オーストラリアから考えるブローテールとレイバックの違い

ホーム/マウイ島(ハワイ)でのフリーサーフ動画@2015:クレイ・マルゾ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事