2016年WCTメンズ第六戦「Jベイ・オープン」:二日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ダスティ・ペイン Photo: WSL

ダスティ・ペイン Photo: WSL

現地時間2016年7月7日(南アフリカ)、Jベイ(ジェフリーズベイ)を会場としたWCTメンズ第六戦「Jベイ・オープン(J-Bay Open)」が開催。

本日のJベイは、前日のスウェルが残る3~5フィートというコンディションでスタートしたものの、徐々にコンディション悪化にサイズダウンという予報通りの展開に。ラウンド2ヒート5~ラウンド3ヒート4まで進行しました。

2016年Jベイ・オープンのウォームアップセッション&出場サーファー情報

2016年Jベイ・オープンの波予報&ジョンジョン・フローレンスのウォームアップセッション

2016年WCTメンズ第六戦「Jベイ・オープン」:初日ハイライト


スポンサーリンク



ラウンド2のみを終わらせて終了と予想していた本日。しかし、ラウンド2の終盤になると、波はサイズダウンしてフェイスは風の影響を受けながらもラウンド3へ突入。

結局、コンディション悪化を理由に、ラウンド3は4ヒートのみこなして終了となりました。今後の波予報が期待できないため、運営サイドとしては少しでもヒートを進めたかったのでしょう。

本日のシングルハイエストスコアとなる9.77をマークしたのは、ワイルドカード出場のダスティ・ペイン。トップで狙うセクションを微妙に変えるバリエーションがジャッジから高評価を受けました。

ダスティ・ペインの9.77@ラウンド2

Jベイイベントでは2度の優勝を果たしているジョーディ・スミスも調子が良く、コンディションが悪化してきたラウンド3での出場ながら、9.50を叩き出すことに。

「2~4フィートくらいあれば、オンショアが多少吹いてきてもビッグターンはできるから、今日のコンディションは問題ないよ」と、トリッキーコンディションを物ともしないコメントを残しています。

ジョーディ・スミスの9.50@ラウンド3

タイトルレースに食い込むためには、今後は安定した成績が求められるジョンジョン・フローレンスはラウンド3ヒート2に出場。対戦相手は、ラウンド2で本日のシングルハイエストスコアを出したダスティ。

午後のJベイはビーチブレイクのようになってしまったものの、ジョンジョンは波に合わせたアプローチに切り替え、エンドセクションではエアリバースを入れるライディングで8.33をマークして勝ち上がっています。

ジョンジョン・フローレンスの8.33@ラウンド3

本日、最も興味深かったストーリーはJベイにおけるジャッジ基準について。ラウンド2で敗退したツアールーキーのコナー・コフィンですが、スコアリングに納得いかなかったので、ジャッジに話を聞きに行ったと言います。

ジャッジの返答は「カーヴィングよりも、波のリップでのターンに高得点を出す」とのこと。つまり、ブレイク寸前のリップというクリティカルセクションを狙う縦の動きを求めているということです。

Jベイでは、オープンフェイスで派手なスプレーを飛ばすパワフルなカーヴィングが華といったイメージなので意外でした。ということは、パワーよりも、クリティカルセクションを攻めるテクニカルな面が評価されるので、小柄なサーファーに好都合とも言えますね。

ラウンド2敗退後のコナー・コフィン Photo: WSL

ラウンド2敗退後のコナー・コフィン Photo: WSL

今後の波予報ですが、次なるスウェルが入るのは9日(土曜)~10日(日曜)。ただし、9日午前以外は風がオンショアになる予報。9日午前の開催は濃厚でしょう。

イベント詳細については、下記リンクの公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「J-Bay Open

本日の結果

・ラウンド3

Heat 1: Jordy Smith (ZAF) 18.20 def. Kolohe Andino (USA) 10.10

Heat 2: John John Florence (HAW) 14.83 def. Dusty Payne (HAW) 13.93

Heat 3: Josh Kerr (AUS) 16.40 def. Italo Ferreira (BRA) 14.20

Heat 4: Kelly Slater (USA) 11.73 def. Adrian Buchan (AUS) 5.20

・ラウンド2

Heat 5: Michel Bourez (PYF) 16.07 def. Ryan Callinan (AUS) 12.90

Heat 6: Alejo Muniz (BRA) 14.27 def. Nat Young (USA) 12.93

Heat 7: Joel Parkinson (AUS) 15.17 def. Matt Banting (AUS) 12.17

Heat 8: Wiggolly Dantas (BRA) 18.27 def. Jadson Andre (BRA) 17.13

Heat 9: Adam Melling (AUS) 14.86 def. Conner Coffin (USA) 14.67

Heat 10: Miguel Pupo (BRA) 15.67 def Jeremy Flores (FRA) 13.44

Heat 11: Josh Kerr (AUS) 18.06 def. Jack Freestone (AUS) 15.26

Heat 12: Dusty Payne (HAW) 17.47 def. Stuart Kennedy (AUS) 11.44

今後のヒート表

・ラウンド3

Heat 5: Sebastian Zietz (HAW) vs. Michel Bourez (PYF)

Heat 6: Matt Wilkinson (AUS) vs. Alejo Muniz (BRA)

Heat 7: Gabriel Medina (BRA) vs. Adam Melling (AUS)

Heat 8: Julian Wilson (AUS) vs. Joel Parkinson (AUS)

Heat 9: Filipe Toledo (BRA) vs. Miguel Pupo (BRA)

Heat 10: Mick Fanning (AUS) vs. Kanoa Igarashi (USA)

Heat 11: Caio Ibelli (BRA) vs. Wiggolly Dantas (BRA)

Heat 12: Adriano De Souza (BRA) vs. Davey Cathels (AUS)

ハイライト動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)