• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

Kolohe Andino J-Bay

今シーズンは現WCTランク11位と好調な若手アメリカンサーファーのコロヘ・アンディーノ「Kolohe Andino」(22歳)。

ただし、コンテスト結果はかなりムラがあり、5戦を終えた今季の成績は1コケとなる25位が3回、残りは2位と5位。昨シーズンはWCTランクでトップ22に入れず、WQSランクで2位となり、今シーズンのツアー残留を決めています。

今回の動画は、コロヘ・アンディーノによる南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)でのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



Jベイのクラシックコンディションと言えば、サイズのあるロングウォールに強く吹き付けるオフショア。風向きと波質がエアリアル向けではないので、サーフィンの基本となるレールワークが試される舞台ですね。

近年では、オフショアだろうがフィンアウトのブローテールや、サイズが小さければエアリアルといったモダンサーフィンを入れてくる若手WCTサーファーも出てきましたが・・・。

とはいうものの、メインはレールサーフィン。そのため、今回のコロヘの動画に付けられたタイトルは「Back to the Basics(基本に立ち返る)」と名付けられています。

動画後半では、まさにJベイのクラシックコンディションという様相となり、コロヘが見せるマニューバは、バレルとターン。広大なオープンフェイスで、どのようなラインを描くのかが醍醐味の一つですね。

経験を積めば積むほど深みが増していくレールサーフィン。コロヘはすでに敗退してしまったJベイ・オープンですが、若手とベテランのどちらが優勝をさらうのかにも注目です。あまり波は期待できませんが・・・。


コロヘ・アンディーノの最近の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

異業種のターゲットからスポンサードされるコロヘ・アンディーノ&カリッサ・ムーア

コロヘ・アンディーノの頼れる武器となったロスト新作モデル「Pocket Rocket」

フリーサーフの関連記事
  • 2011~2013年のベストライディング特集:デーン・レイノルズ
  • メイソン・ホーが満喫したハリケーンスウェルによる夏のオアフ島ノースショア
  • 2ヶ月に渡るインドネシアトリップで当てた波の数々:ソリ・ベイリー
  • マウイ島ホノルアベイでのチューブライドのスローモーション映像
  • ティム・ビッソ
    続々とスポンサーが決まるほどサーフ業界が注目するグアドループ出身のティム・ビッソ
  • ペルー
    ロングライド可能なレフトのポイントブレイクなら南米ペルー@2016/1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事