• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

Pedro Scooby

文字通り命を賭けたハードなチャージでファンを魅了するビッグウェイブサーファー。

しかし、以前にお届けしたアルビー・レイヤーに関する記事で書きましたが、BWT(ビッグウェイブツアー)サーファーの半数以上が金銭的サポートをしてくれるメインスポンサーが付いていないという厳しい現実。

レッドブル主催ビッグウェイブイベントにアルビー・レイヤー欠場!理由は過去のケリーと同じく…

そんな環境でありながら、ビッグウェイブ界においても台頭してきているブラジリアンサーファー。

今回の動画は、ブラジリアンビッグウェイブサーファーのペドロ・スクービー「Pedro Scooby」(27歳)による過去数ヶ月のダイジェスト映像をお届けします。


スポンサーリンク



以前であれば、ブラジリアンサーファーはメインスポンサーを探すのも楽ではなく、二年連続WCTランク2位となったシルヴァナ・リマは、メインスポンサーがいない時期が長かったほど。

ブラジルの女性トップサーファー/シルヴァナ・リマが明かす女性サーファーのスポンサー事情

しかし、ガブリエル・メディナがブラジリアン初のワールドチャンピオンになると流れは一変し、ブラジル国内の電力会社や通信会社まで、サーファーのスポンサーとなる時代に変わりました。

以前に「ブラジルにおけるサーフィン人気はサッカーに迫る勢いがある」といった内容の記事を見たことがあり、その時は「言い過ぎでしょ」と思いましたが、現実的に思えてきました。

前述のシルヴァナ、今回の記事のペドロ・スクービー、以前に紹介したペドロ・カラドの三人は、電力会社のフルナス(Furnas)がスポンサーに付いてます。

日本で言えば、東京電力がスポーツ選手のスポンサーになっているようなものなので、ブラジルでのサーフィン人気が本物である証明になりますからね。

金銭面のサポートを受けるということは、当然ながらサーファーはサーフィンに専念できます。コンテストサーフィン、フリーサーフィン、ビッグウェイブサーフィンのすべての分野において、ブラジリアンがさらに台頭してくる可能性が高いのではないでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが、ペドロ・スクービーによる今回の動画の舞台は分かる範囲でチョープー(タヒチ)、プエルト・エスコンディード(メキシコ)、ナザレ(ポルトガル)、マーヴェリックス(北カリフォルニア)、ジョーズ(マウイ島)など。

ビッグウェイブを求め、これだけ世界中を飛び回れる生活環境が整っていれば、一気にスキルアップしてくることは想像に難くないですね。

ビッグウェイブの関連記事
  • イギリスのアンドリュー・コットンも参戦したザ・ライトのビッグバレルセッション
  • 2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードのノミネート映像3
  • ビラボンXXLの「Ride of the Year」確定に限りなく近いシェーン・ドリアンのスーパーライド
  • 新たなビッグウェイブエリアとして注目を集めるヨーロッパ
  • スラブスポット「ザ・ライト」の紹介と今後のアプローチ
  • 2015/2016年シーズンBWTイベント「クイックシルバー・セレモニアル」結果

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事