• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

Ari Browne

ドイツ出身でおもちゃのコレクターであったアリ・ブラウン「Ari Browne」(23歳)。おもちゃ無しでは生きていけなかったアリですが、サーファーのおもちゃを手にしてから自らがサーファーに転身。

なんというストーリーだろうかと思いきや、すべては嘘っぱちなジョーク。ニューカッスル出身バイロンベイ育ちのオージーで、若手フィンレスマスターと言われているのが、本当のアリの姿。

今回の動画は、アリ・ブラウンによるオモシロ実験ボードでのライディングや、フィンレスボードでのライディング映像をお届けします。


スポンサーリンク



動画前半では、おもちゃに仕立てあげたサーフボードに乗るアリ。おもちゃコレクターという内容に合わせた作りですね(笑)。

どのようなボードかというと、7フィートのボードのデッキ面に、回転するプラットフォームを取り付けたのです。言葉では伝わりづらく、動画を見ればすぐに分かると思いますが、ぶっ飛んだアイディア。

アリいわく、「ボード上で回転する時の感覚は、デスクチェアでクルクル回っているような感覚」とのこと。同ボードは、「Lazy Susan」と命名されています。

動画後半は、アシンメトリー(テール形状が左右非対称)のフィンレスでのライディング。乗っているボードは、ライアン・ラブレースのラビッツ・フットです。

フィンレスボードのラビッツ・フット改良版をテストライド:トレヴァー・ゴードン

撮影地は、南カリフォルニア、メキシコ、バイロンベイの3ヶ所で、全くドイツとは関係ない場所となっています・・・。

アライア人気を引き起こしたトム・ウェグナーによる扱いやすい現代版フィンレスがこちら

フリーサーフの関連記事
  • パーコなどWCTサーファー4名登場のフリーサーフ動画@サンセット(ハワイ)
  • リップカールプロ前のジム&フリーサーフセッション:サリー・フィッツギボンズ
  • スムーズなクルージングスタイルでフリーサーフ:クレイグ・アンダーソン
  • WCTイベント開催!?ケリー・スレーターのウェイブプールをWCTサーファーがテストライド
  • ライアン・カリナンのBSスピンが光るオーストラリアでのホームセッション動画
  • ジョシュ・カー&ノア・ディーンのウェイクサーフィン@ブラジル

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事