• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

J-Bay Groms with WCT surfers

ウェイティングピリオドをフルに使うほどレイデイ(コンテストのオフ日)が多い今シーズンのJベイ・オープン。

そんなレイデイにおいて、WCTサーファーたちはローカルグロメット(「グロム」または「グロメット」とは、主に16歳未満のサーファー)たちと一緒にサーフしていたそうです。グロムたちにとって、サーフヒーローたちと一緒にサーフできるなんて最高の機会ですよね。

今回の動画は、WCTトップサーファーたちがイベント会場となっているJベイ(ジェフリーズベイ)のグロムたちと触れ合った際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



出演しているのは、ジョンジョン・フローレンス、エイドリアン”エース”バッカン、ミック・ファニング、ケリー・スレーター、ジュリアン・ウィルソン、ミシェル・ボウレズなど。

少し違和感を感じるのは、ガブリエル・メディナやフィリペ・トレドといったブラジリアンサーファーの姿がない点。

何はともあれ、ジョンジョンとエースはグロムたちと一緒にサーフしたりと、サーフキッズにとっては夢の様な時間ではないでしょうか。

真剣勝負となるコンテスト期間にも関わらず、ファンとの交流を図る企画はとても有意義なものではないでしょうか。私がキッズなら、一生の思い出になると思いますし。

サーフィンが世界トップレベルなだけでなく、誰にでも優しく接する人格者であることは、口で言うほど簡単なことではないと思います。それだけに、こういった動画を見ると、こちらまで嬉しくなってしまいますね。

さて、気になるJベイ・オープン最終日ですが、本日開催となるでしょう。現地時間7月16日(土曜)午前7時半スタートの場合、日本時間では16日(土曜)午後2時半となります。

イベント詳細については、下記リンクの公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「J-Bay Open

  • 2016年フィジーイベントでナモツ島滞在サーファーのレイデイ映像
  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン3:エピソード9
  • オーロラサーフィン撮影のためにミック・ファニングが訪れたロフォーテン諸島(ノルウェー)
  • 誰もいない日没後のオアフ島ノースショアでジェイミー・オブライエンがナイトサーフィン
  • ビリー・ケンパー ジョーズ マウイ島
    マウイ島ジョーズでのBWTイベント優勝者が開催前に語った予言
  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン3:エピソード10

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事