ウェイド・カーマイケルが見せる世界トップレベルのパワーサーフィン@インドネシア

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ウェイド・カーマイケル

オージーサーファーの伝統と言えるパワーサーフィンを継承した迫力あるサーフィンが魅力のウェイド・カーマイケル「Wade Carmichael」(23歳)。

昨シーズンはWQSランク16位と、惜しくもワールドツアー入りを逃したものの、WQSイベントの中でも特別なイベントであるトリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ」では優勝。世界に通用するパワーサーフィンを証明しました。

2015年度トリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ」:最終日ハイライト

今回の動画は、ウェイド・カーマイケルが先日訪れたインドネシアでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



昨シーズンのトリプルクラウンの結果を受け、アンダーグランドサーファーから一気にスポットライトを浴びるようなったウェイド。今シーズンもウェイドの勢いは留まることを知りません。

WCT初戦のクイックシルバープロのトライアルでは優勝を果たし、クイックプロにワイルドカード出場を果たしています。

そんなウェイドのフリーサーフィンですが、やはり際立つのはレールサーフィン。エアーが主流になった頃に、パワーサーフィンは少し古臭いとのイメージも持たれましたが、カッコよすぎです。

特にウェイドのカーヴィングは、これでもかと長くレールを入れ続ける点が驚異的。たまにレールが引っ掛かって失速する場面も見受けられ、英語では「dig a rail」と表現します。

まさに正統派と言えるウェイドのサーフィン。WCTでは通用すると思いますが、ウェイドのサーフィンを見せることのできる波が少ないWQSイベントではどうなるのでしょうか!?今季も活躍するのか気になるサーファーですね。


ウェイド・カーマイケルの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ゴールドコーストでのフリーサーフ:ウェイド・カーマイケル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)