• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

sharing is caring

「one man one wave」という言葉が示す通り、「一本の波に乗るのは一人のサーファー」がルールとなっているサーフィン。

しかし、波のサイズが小さい時であれば、初心者から上級者まで入り乱れて、波数とサーファーの数の割合が合わない場合も多々あります。とりわけ、人気の高いサーフスポットであれば尚更。

今回の動画は、オーストラリアQLD(クイーンズランド)州でロングボーダーの聖地と言われる「ヌーサヘッズ」のファースト・ポイントで撮影された一本のライディング映像をお届けします。


スポンサーリンク



「ヌーサヘッズのファースト・ポイント」×「スモールウェイブ」というコンディションに加え、週末という要因も加わり、完全にポイントパニックとなっている今回の動画。

ならば、一本の波をシェアライドして楽しんじゃおうと考えたのが、ハリソン・ローチ(Harrison Roach)とザイ・ノリス(Zye Norris)による選択。

今回の動画に付けられたタイトルは「Sharing is Caring」。日本語では「分かち合うことは思いやること」と言う意味となります。

サーフィンをしていると、夢中になって「自分が自分が」となることもありますが、互いに思いやりを持ってシェアライドし、一本の波で仲間と楽しみを共有するのもアリではないでしょうか。

フリーサーフの関連記事
  • オアフ島(ハワイ)ノースショアの16/17年レイトシーズンのハイライト動画
  • ヨーロッパのトップジュニアによるロッキーセッション:ティム・ビッソ
  • ミッチ・コレボーン ハワイ
    世界トッププロ集結!オフザウォール&ロッキーでのフリーサーフ動画@ハワイ2015
  • モロッコの貸切ロングライト!マルゴー・アラモン・チュコのログセッション動画
  • 地元サンタクルズ近辺でフリーサーフ:ナット・ヤング
  • 2013/2014シーズンinハワイ:ヤゴ・ドラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事