• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
ブレット・シンプソン Photo: WSL

ブレット・シンプソン Photo: WSL

9月7~18日にウェイティングピリオドが設定されているメンズWCT第八戦「ハーレー・プロ・アット・トレッスルズ(Hurley Pro at Trestles)」。

スケートパークのようなファンウェイブで知られる南カリフォルニアのローワーズ(ローワー・トレッスルズ)が会場のワールドツアーイベントです。

今回の動画は、ハーレープロのワイルドカードを賭けたトライアルイベントが開催されたので、結果についてお届けします。


スポンサーリンク



過去にはオンラインでの一般投票によるビデオトライアルを行ったりと、話題となっていたハーレープロのトライアルイベント。

先日7月20日に開催された同トライアルは、サンクテメンテのTストリートで開催。出場者は、ローカル部門と「ハーレー」チームライダー部門で8名づつ。

ローカル部門
Griffin Colapinto
Ian Crane
Michael Dunphy
Evan Geiselman
Pat Gudauskas
Tanner Gudauskas
Kei Kobayashi
Nate Yeomans

「ハーレー」チームライダー部門
Rob Machado
Barron Mamiya
Jake Marshall
Hiroto Ohhara
Yadin Nicol
Brett Simpson
Brian Toth
Keoni Yan

トライアルの各部門トップがワイルドカードを与えられるので、二名がハーレープロの本戦出場となります。ちなみに、昨年は日本の大原洋人がワイルドカード出場のチケットを獲得しましたね。

有名サーファーが多く揃った同トライアルにおいて、ワイルドカード獲得となったのはローカル部門はタナー・グダスカス、ハーレーのチームライダー部門はブレット”シンポ”シンプソン。

タナーとシンポはいずれも元WCTサーファー。ワイルドカード出場サーファーは基本的に、ランキングトップまたは2位のサーファーとの対戦となるので、タイトルレースに影響を及ぼす番狂わせを起こすのか注目です。

コンテストの関連記事
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー第七戦スウォッチ・ウイメンズ・プロ:最終日ハイライト
  • クラマス(バリ島)で開催された最も贅沢なQS1,000イベントのダイジェスト動画@2016
  • 2016年パイプマスターズのイベント情報!出場サーファーや波予報など
  • マウイ島 ジョーズ ピアヒ・チャレンジ
    2015/2016年シーズンBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」:ハイライト
  • 2016年WCT第二戦「リップカール・プロ・ベルズ・ビーチ」:二日目ハイライト
  • 究極コンディションで明日開催が濃厚なビラボン・プロ・タヒチ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フリーサーフ
若手フリーサーファーとして注目度が高いノア・ディーン。爆発力のあるライディングで見るものを虜にする一方、ケリー・スレーターをハゲ呼ばわりした...