オフシーズンの冬にジェレミー・フローレスが見せたビーチブレイクセッション@フランス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ジェレミー・フローレス

レユニオン島出身で現在はフランスを拠点にするベテランWCTサーファーのジェレミー・フローレス「Jeremy Flores」(28歳)。

年齢的に見ればまだ20代でありながら、ワールドツアー入りしたのが当時の最年少記録となる18歳であったので、ツアー歴に関しては完全にベテランレベルです。

今回の動画は、ジェレミー・フローレスがワールドツアーがオフシーズンのウインターシーズンにおいて、現在のホームであるフランスで見せたフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



今年2016年初旬は、嬉しいニュースからスタートしたジェレミー。出身地であるレユニオン島は、ここ数年、シャークアタック被害が続出していたので、サーフィン禁止令が出されていました。

しかし、今年になり、サメの監視を行うエリアに限って、サーフィン解禁となったのです。

シャークアタック頻発のスタートから5年!レユニオン島のサーフィン復興ドキュメント映像

サーフィン解禁を記念して開催されたイベントには、もちろんジェレミーも参加。レユニオン島を代表するプロサーファーですからね。しかし、レユニオン島に滞在していたことで、残念なことも。

オアフ島ノースショアのワイメアでは今年、6シーズン振りにエディイベントが開催となりました。

31周年にして9度目の開催となった2015/2016年シーズンのエディイベント@ワイメア

ヨーロピアンサーファーとしては数少ない招待選手であったジェレミー。しかし、フライトの便が少ないレユニオン島にいたため、ハワイ入りすることができず、エディへの参加を見送る残念な結果に。

さて、今回の動画ですが、フランスということで、ボトム(海底)は砂のビーチブレイクでありながら見所はバレル。地形が変わりやすいビーチブレイクでありながら、バレルが当たり前といった特殊な地形ですよね。

昨年のチョープー(タヒチ)イベントで優勝したジェレミーだけに、まさに得意とするヘビーコンディション。前半はアクション、後半はバレルと見応え十分な内容になっています。

ジェレミー・フローレスの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ジェレミー・フローレスのパワーサーフィンがDバー(オーストラリア)で炸裂@2016

カナリア諸島を訪れたジェレミー・フローレス&フレンチサーファー@2016/1

タヒチでツアーイベント期間中のフリーサーフ@2015年:ジェレミー・フローレス

ローワーズ(カリフォルニア)入り前にメキシコでセッション:ジェレミー・フローレス

2014/2015年シーズン「The Winter Session」受賞者:ジェレミー・フローレス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)