2016年WCTウイメンズ第六戦「バンズUSオープン・オブ・サーフィン」:二日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

キーリー・アンドリュー Photo: WSL

キーリー・アンドリュー Photo: WSL

現地時間7月26日(カリフォルニア)、ハンティントンビーチを会場としたウイメンズのWCT第六戦「バンズUSオープン・オブ・サーフィン(Vans US Open of Surfing)」が開催。

波のサイズは昨日よりも少しだけサイズダウンし、フェイスで2~4フィート。ショートライドがメインのコンディションの中、本日はラウンド2が終了しました。

2016年WCTウイメンズ第六戦「バンズUSオープン・オブ・サーフィン」:初日ハイライト


スポンサーリンク



続々とビッグネームがラウンド2行きとなった昨日のラウンド1。しかし、ラウンド2では順当な結果が多く、ステファニー・ギルモア、サリー・フィッツギボンズ、コートニー・コンローグ、カリッサ・ムーアが勝ち上がりました。

ステファニー・ギルモアの7.67@ラウンド2

サリー・フィッツギボンズの8.17@ラウンド2

カリッサ・ムーアの8.10@ラウンド2

唯一の番狂わせとなったのは、同イベントのディフェンディングチャンピオンであり、前イベントのフィジーで優勝を飾り、勢いに乗っていたジョアン・デフェイの敗退。

本日のヒートでは、最多となる12本もの波に乗ったジョアンですが、ハイスコアに結びつことはありませんでした。一方、ツアールーキーのキーリー・アンドリューは、エンドセクションでフィンアウトスナップをメイクして8.00を叩き出し、大金星を挙げる結果となっています。

キーリー・アンドリューの8.00@ラウンド2

さて、今後の波予報ですが、27日(水曜)と28日(木曜)は南スウェルと北西からの風波がミックスし、最大セットで肩サイズはある見込み。風向きはオンショアが続く予報ですが、他にコンディションの期待できる日程はなさそうなので、明日も開催される事でしょう。

イベント詳細については、公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Vans US Open of Surfing

WSLの公式サイト「Vans US Open of Surfing

本日の結果
・ラウンド2
Heat 1: Stephanie Gilmore (AUS) 13.44, Nikki Van Dijk (AUS) 11.00
Heat 2: Sally Fitzgibbons (AUS) 15.00, Alessa Quizon (HAW) 13.44
Heat 3: Courtney Conlogue (USA) 14.17, Meah Collins (USA) 10.64
Heat 4: Carissa Moore (HAW) 15.37, Chelsea Tuach (BRB) 11.70
Heat 5: Keely Andrew (AUS) 15.00, Johanne Defay (FRA) 12.47
Heat 6: Laura Enever (AUS) 13.73, Bianca Buitendag (ZAF) 10.33

今後のヒート表
・ラウンド3
Heat 1: Sally Fitzgibbons (AUS) vs Tatiana Weston-Webb (HAW) vs Lakey Peterson (USA)
Heat 2: Courtney Conlogue (USA) vs Laura Enever (AUS) vs Sage Erickson (USA)
Heat 3: Tyler Wright (AUS) vs Malia Manuel (HAW) vs Keely Andrew (AUS)
Heat 4:Carissa Moore (HAW) vs Stephanie Gilmore (AUS) vs Coco Ho (HAW)

ハイライト動画(ウイメンズのハイライトは1:18まで)