• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

Holly Wawn Telos

ウイメンズのワールドツアーにおいて、ステファニー・ギルモアやカリッサ・ムーアのよう、ツアー入りする前から、確実にワールドチャンピオンになるだろうと容易に想像できる存在は、なかなか出ていません。

そんな中、メディアで大々的に取り上げられていないものの、期待される存在がオーストラリアにいました。その人物は、ゴールドコースト出身のホリー・ウォン「Holly Wawn」(18歳)。

今回の動画は、ホリー・ウォンのテロス(インドネシア)でのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



ホリーが先日サーフトリップしていたのは、テロスこと、スマトラ島沖合に浮かぶテロ・アイランド(Telo Island)。

ジュニア時代には圧倒的な強さを誇り、ワールドツアー入りを目指すホリーの現WQSランクは10位。ここまでの成績を残していながら、私もホリーの存在を知らなかったのですが、メディア露出が少なかった理由は!?

メジャーサーフブランドがスポンサーに付いていないためでしょう。ホリーのメインスポンサーは、オーストラリアでトップクラスのサプリメント企業である「Blackmores」と異業種。

しかし、動画を見ると、WCTサーファーに引けを取らないほどパワフルなサーフィンである事が分かります。

ウイメンズのWCTは、エアーも取り入れる時代へと入ってきましたが、ターン勝負でワールドタイトルを取れるのが現実なので、少し言い方は悪いですが、ホリーがモデルのような容姿であれば、メジャーブランドが取り合いをしたと思われます。

こういったサーファーは、是非ともワールドツアー入りしてもらい、実力だけで周りを振り向かせる存在になって欲しいです。

サーフトリップの関連記事
  • アシンメトリーでGランドセッション:ライアン・バーチ
  • サリナ・クルス(メキシコ)へとファンウェイブトリップ:レイラ・ハースト
  • レオとジョシュアがパプアニューギニアへ!フリーサーフやローカルとの触れ合い
  • メンタワイ(インドネシア)を訪れたビアンカ・ビュイテンダグのフリーサーフィン動画
  • サーフ、スノー、スケートのクイックシルバーライダーが2週間のスペイントリップ
  • シンプルライフを送るトロピカルアイランドへサーフトリップ:タティアナ・ウェストン・ウェブ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事