ノースショアでタンデムカヤック!「Who is JOB 6.0」エピソード2

シェア(記事を気に入ればお願いします)

tandem kayak who is job

待望のシリーズ第一弾が先週公開された「Who is JOB 6.0」。主役であるジェイミー・オブライエン「Jamie O’Brien」(33歳)のホームであるオアフ島(ハワイ)ノースショアのワイメアを存分に楽しむ内容がエピソード1でしたね。

サーファー版最強エンタメがスタート!「Who is JOB 6.0」エピソード1

今回の動画は、「Who is JOB 6.0」のエピソード2として、世界屈指のヘビーブレイクが密集するノースショアで、タンデムカヤックをするというクレイジーな内容の映像をお届けします。


スポンサーリンク



今エピソードのスタートは、ジェイミーのホームブレイクであるパイプラインでのフリーサーフシーンから。いわゆるジェイミーのカッコいい見せ場です。

ジェイミーの弟分であるジョンジョン・フローレンス同様、バックサイドとなるパイプラインで、波のフェイスに体を倒すかのようにドロップ(テイクオフ)しながら、お尻と太腿でストール(スピード減速)する様子がクールです。

パイプラインと言えばレフトハンダーのバレルですが、動画ではライトハンダーでのライディングシーンも収録。知らない方もいると思いますが、同じピークからブレイクするレフトがパイプライン、ライトがバックドアと呼ばれています。

その後は同シリーズで主役級の存在感を放つプーピーズが登場して、ジェイミーとタンデムカヤックをすることに。カヤックで波乗りするきっかけとなったのは、タバルア島(フィジー)のサーフスポット「レストラン」で何年も前にトライした事があったためとジェイミーは言います。

トライする場所が前半はサンセット、後半はバックドアと、いずれもワールドクラスなサーフスポット。サンセットでは、ジェイミーがカヤックからスポンジボードへのボードトランスファーで遊んじゃってますけど・・・。

ちなみに、ジェイミーは当たり前のように、プーピーズをビッグウェイブに連れ出していますが、プーピーズはビッグウェイブサーファーでも無ければ、ノースショア育ちでもありません。南カリフォルニア育ちです。

そのため、ジェイミーから何かアイディアを聞くと「それって、ほんとにグッドアイディア?」と口にし、ジェイミーは「当然グッドアイディアだよ」と返して撮影が始まるそうです・・・。

果たして、今回のタンデムカヤックでプーピーズの運命はいかに!?途中、全裸になっちゃったりしてますけど(笑)。



「Who is JOB」の前シリーズについては、下記リンク先からチェックして下さい。

リンク先「Who is JOB

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)