無名であることが不思議なブラジリアンストームの一人:ミシェル・ロドリゲス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ミシェル・ロドリゲス

ワールドツアー入り前から知名度の高いオーストラリアやアメリカ(ハワイを含む)の若手サーファーとは対照的に、世界的には無名に近い存在でありながら、ワールドツアー入りを決めてくるブラジリアンサーファー。

2015年のイタロ・フェレイラ、2016年のアレックス・リベイロなどが上記に当てはまりますよね。現WQSサーファーであるミシェル・ロドリゲス「Michael Rodrigues」(21歳)も同様ではないでしょうか。

今回の動画は、ミシェル・ロドリゲスのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



ミシェル・ロドリゲスというサーファーの存在をすでに知っていた方は、ほとんどいないですよね。私も今回の動画を見るまで、全く知りませんでした。

ただ、すでにWQSでインパクトを残しています。WQSにフル参戦するようになったのは2015年シーズンから。つまり、WQSに本格的に参戦したのは昨年が初めてだったのです。

にも関わらず、昨年のWQSランキングは17位。ワールドツアー入りの条件は、基本的にはWQSランクのトップ10なので、かなり近い位置につけていたことが分かりますね。

WSLが運営するプロサーフィンツアーの「WCT」と「WQS」について

そんなミシェルのフリーサーフですが、イメージとしてはフィリペ・トレドのようなサーフィン。つまり、ブラジリアンらしいエアリアルが際立ったライディングが特徴。

エンドセクションでの単発エアーだけではなく、エアリアルのコンビネーションをメイクして見せたり、スモールコンディションでも軽々とローテーションさせてくる様子を見ると、WQSイベントに強いと感じてしまいます。

近い将来、ワールドツアー入りしてくるであろうミシェルの現WQSランクは39位。注目してみてはいかがでしょうか。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)