WQSサーファーがメインというレアなJベイ(南アフリカ)セッション@2016年

シェア(記事を気に入ればお願いします)

J-Bay sesh

サーファーが思い思いのラインを描くことになる広大なオープンフェイスで知られる南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)。ご存知の通り、ワールドツアーイベントの会場の一つです。

2016年WCTメンズ第六戦「Jベイ・オープン」:最終日ハイライト

波は非常に良いのですが、多くの世界トップサーファーにとってネックとなるのがアクセス。以前にお届けした過去記事からも、アクセスの大変さは分かりますよね。

WCTサーファーの大半はエコノミークラス?Jベイまでのフライト事情

今回の動画は、ワールドツアー入りを目指すWQSサーファーがメインとなったJベイでのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



Jベイでのフリーサーフ映像の多くは、WCTサーファーによるものが多いです。その理由は、WCTサーファーはコンテストがあるので、必ず訪れているため。

一方のWQSサーファーは、それほど訪れることはないでしょう。場所が場所ですので・・・。ただし、ワールドツアー入りした時のことを考え、慣れておく必要はあります。

そこで、同じく南アフリカのバリトで開催されたWQSイベント後、Jベイを訪れたWQSサーファーによるセッションがメインとなっている今回の動画。

2016年バリト・プロ参戦のレオやジークといったクイックチームのホームビデオ動画

日豪ハーフのコナー・オレアリーがWQSハイエストグレードイベント@南アフリカで優勝

出演サーファーは以下の通り。

トリー・メイスター
カイオ・イベリ
パトリック・グダスカス
タナー・グダスカス
セス・モニーツ
セバスチャン・ジーツ

Jベイでのフリーサーフ映像を見ることがほとんどないサーファーという点が興味深いと思います。初っ端で登場するトリーのような、パワフルなハワイアンサーファーはJベイの波にハマりますね。