• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

Eli Hanneman

ハワイのマウイ島出身スーパーグロム(グロムやグロメットとは主に16歳未満の若手サーファー)のイーライ・ハンネマン「Eli Hanneman」(13歳)。

パワーサーフィン以外のマニューバに関しては、すでに全てをマスターしているとも言えるレベルで、スーパーグロムの中でも頭一つ抜け出た存在ですね。

今回の動画は、サーフブランド「ハーレー」が若手ライダーを紹介するシリーズにおいて、チャプター1としてイーライ・ハンネマンのフリーサーフィンをフィーチャーした映像をお届けします。


スポンサーリンク



マウイ島ラハイナ港をホームブレイクにするイーライ。波質はスーパーリッパブル(rippable:トップアクションの狙いやすいコンディション)とのこと。

夏場のサーフセッションは、短い時で2~3時間のセッションを2回、マラソンセッションになると1セッションで5時間ほど入り、いったん帰宅して仮眠をとってから再びサーフという生活だそうです。

とことんサーフィンばかりの生活リズムということで、同じくマウイ島サーファーであるアルビー・レイヤーのセリフを思い出してしまいます。

サーフィン界ではアンダーグランドながら、サーフスキルの際立ったサーファーが多いマウイ島サーファー。その理由を聞かれたアルビーは「やることがサーフィン以外にないから、上手くなるんじゃないのかな」と答えていました(笑)。

アルビーがエアーで片足を抜く妙技ありのマウイ島ローカルによるサマーセッション

さて、イーライの動画ですが、同じハーレーライダーでありスンバワ島(インドネシア)レイキーピーク出身のブロンソン・メイディ(Bronson Meidy)も少しだけ出演。ちなみに、ブロンソンは12歳です・・・。



イーライ・ハンネマンの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

あらゆるマニューバをマスターしたマウイのスーパーグロム:イーライ・ハンネマン

フリーサーフの関連記事
  • ノースショアでタンデムカヤック!「Who is JOB 6.0」エピソード2
  • オアフ島ノースショアでの修行トリップ:ディーン・ヴァンデワール
  • リップカールハウス@オアフ島ノースショアの厳しい上下関係!?
  • 現在までの今季ベストウェイブ@チョープー(タヒチ)
  • 2016年フィジーイベント後のアドリアーノ・デ・スーザによるクラウドブレイクセッション
  • ヴィスラからのウェルカム動画:エリック・ガイゼルマン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事