• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
Photo: J. Lindström

Photo: J. Lindström

パーフェクトウェイブでクタクタになるまで波乗りを楽しみ、アフターサーフにビール。お酒を飲むサーファーにとっては、夢の様なコンビネーションではないでしょうか。

そんな理想を現実にしてくれる日本人サーファーにとっての海外の旅先こそ、インドネシアのバリ島ですね。しかし、バリ島でアルコール飲料を飲めなくなる可能性が出てきました。

今回の記事は、インドネシアでバリ島におけるアルコール禁止法案が議会に提出されたということで、提出の経緯やビールをこよなく愛するオージーサーファーの反応などをお届けします。


スポンサーリンク



世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシア。多民族国家であるため、イスラム教が国教というわけではないのですが、外務省のサイトによると、国民のおよそ88%がイスラム教徒なのです。

イスラム教では、基本的に戒律としてアルコールが禁止されています。ではなぜ、バリ島はお酒アリなパーティーアイランドであるのか!?その理由は、バリ島住民の大半は土着のバリヒンドゥー教を信仰しているためです。

宗教的理由からアルコールが禁止されていないバリ島ですが、観光客がお酒を飲んで羽目を外すことで問題を起こすことはあります。

そこで、イスラム政党である開発統一党と福祉正義党が、バリ島におけるアルコール禁止法案を提出したのです。

現時点においては、もちろんアルコール禁止というわけではなく、長いプロセスにおける初期段階にあります。しかし、ビールとサーフィン大好きなオージーサーファーは早くも大反発。

オーストラリアのジェットスター・エアウェイズやヴァージン・オーストラリアといった航空会社には問い合わせやフライトのキャンセルが相次いでいると言います。

近隣国であるオーストラリアからの観光客が激減すれば、インドネシアにとって大きな痛手になることは目に見えてます。また、これまでお酒を提供していたレストランなどといったアルコール関連のローカルビジネスにも影響が及ぶはず。

サーファーであれば、大酒飲みではなくてもアフターサーフには軽くビンタンを飲みたくなるのが本音ですよね。熱帯エリアで飲むビールは格別ですし。そのため、どのような決断が下されるのか非常に気になります。

果たして、バリ島におけるアルコール禁止法案がどのような展開を見せるか、今後も進展があり次第、情報をお伝えしていきます。

参照記事:「Indonesia Might Ban Alcohol

参照記事:「AUSTRALIANS BAIL ON BALI

ニュースの関連記事
  • 洪水した道路でサーフィン!?
  • 世界レベルのサーファーを!サーフトレーニング協会が辻堂で10月9日(日)に無料セミナー開催
  • マウイ島でサメに襲われながらも無事に生還したサーファーの武器とは!?
  • メルボルンに続いてシドニーでもウェイブプール!アーバンサーフが2018年オープン予定
  • ブラジルでクリーンウォータープロジェクトに参加したハーレーライダー
  • オーストラリアのビーチで危険情報を事前に知るためのアプリ「Pocket Patrol」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フリーサーフ
今回の動画は、オアフ島ノースショアのエリートサーフ一家であるホー家族がメインのセッションとなります。出演は、父マイケル、息子メイソン、娘ココ...