• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

Who is JOB Whistler

今回でエピソード6となるジェイミー・オブライエン「Jamie O'Brien」(33歳)が主役のレッドブルによる大人気サーフィンエンタメシリーズ「Who is JOB 6.0」。

前回同様、今回もカナダを舞台にしたエピソード。トフィーノを遊び場にした前エピソードから移動し、今度は雪山を舞台に大暴れする内容です。

今回の動画は、カナダのブリティッシュコロンビア州ウィスラーを訪れた「Who is JOB 6.0」エピソード6をお届けします。

サーファー版最強エンタメがスタート!「Who is JOB 6.0」エピソード1

ノースショアでタンデムカヤック!「Who is JOB 6.0」エピソード2

一般サーファーがマウイ島ジョーズにチャージ!「Who is JOB 6.0」エピソード3

抱腹絶倒なプーピーズスペシャル!「Who is JOB 6.0」エピソード4

舞台はバンクーバー島(カナダ)へ!「Who is JOB 6.0」エピソード5


スポンサーリンク



トフィーノで再びのコールドウォーターセッションを終えた後、続いての目的地は本来の狙いである雪山。ということで、リゾート都市のウィスラーへと移動。

道中、簡易トイレに入ったプーピーズが、あわやプープ(プーピーズのニックネームの由来で日本語で「う◯ち」)まみれにさせられそうになったり・・・。

また、排水路を見つけては、キャッチサーフのスポンジボード(英語ではソフトトップサーフボード)を使ってのお遊びと、チーム・グロムの名が示す通り、子供心満載な大人たちです(笑)。

プーピーズはやはり、スモウチューブでチャージしちゃってますね!

世界的に大流行の「スモウチューブ」!?定番波乗りグッズになるかも

ウィスラーに到着すると、通常の雪山では目にしないような道具ばかりを持ち込むメンバー。ジェイミーいわく「おかしな道具を準備して、おかしな奴らが集まったから、おかしくなるんだよ」とのこと。

そんな雪山では、スポンジボードやサップスクワッチ(SUPsquatch)を使ったりとハチャメチャなことに・・・。サップスクワッチと言えば、マカハでのビッグウェイブチャージを思い出します。あれもヤバかった・・・。

17フィートのマカハを7名乗車サップスクワッチでチャージ:ジェイミー・オブライエン


「Who is JOB」の前シリーズについては、下記リンク先からチェックして下さい。

リンク先「Who is JOB

  • テイラー・スティール新作に取り入れられたVR映像!ケリー、ステフ、ラスタも撮影にチャレンジ
  • 凍りつく寒さのミシガン湖でSUPを使って水上散歩
  • サーフボードなしでスタンドアップサーフィンできる時代になったの?
  • 近い将来にはナイトサーフィンも可能になりそうなウェイブガーデン
  • ナザレのビッグウェイブでサップスクワッチ!?ブラジリアンサーファーのチャレンジ
  • ケリーが見せるビラボン・プロ・タヒチでのサーファー視点

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事