• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
キャプテンフィン デーン・レイノルズ

via captainfin.com

ロングボード、ショートボード、オルタナティブボードと、幅広いラインナップのフィンをリリースしている「キャプテンフィン(Captain Fin)」。

ユニークな点は、モダンテクノロジーを活用したモダンサーファーとのコラボモデル、それと思わず視線を奪われてしまいがちなアートワークではないでしょうか。

今回の動画は、キャプテンフィンからリリースされたデーン・レイノルズ「Dane Reynolds」(30歳)のシグネチャーフィンモデルのプロモーション映像をお届けします。


スポンサーリンク



サーフィン界ではカリスマ的存在となっている元ワールドツアーサーファーであり、現フリーサーファーのデーン・レイノルズ。

過去にもキャプテンフィンとのコラボモデルをリリースしているデーンですが、今回はさらにデーン好みに性能とアートワークがチューンナップされたモデルに仕上がったとのこと。

ブラックパンサー(黒豹)と呼ばれる同モデルは、サイドフィンに黒豹が描かれていたり、フィンの外側と内側でアートが異なっていたりと遊び心満載。

今モデルの特徴は、デーン本人によると以下の通り。

これまでのサイドフィンやセンターフィンよりも、少しだけ角度を垂直気味にしたんだ。そうすることで、しっかりとドライブを効かせながらも、マニューバの繋ぎでタイトな動きが可能になった。

フィンのサイズは、スモール、ミディアム、ラージのラインナップとなっていて、トライフィン仕様でFCS用とFuture用の二種類が揃っています。

フィンのサイズ別スペックは以下の通りとなっています。

スモールサイズ(70キロ以下)
・サイドフィン:Height: 4.4, Base: 4.3, Area: 14.56, Foil: Flat
・センターフィン:Height: 4.2, Base: 4.0, Area: 13.51, Foil: 50/50
・フレックス:ミディアム

ミディアムサイズ(63~86キロ)

・サイドフィン:Height: 4.55, Base: 4.5, Area: 15.48, Foil: Flat
・センターフィン:Height: 4.34, Base: 4.2, Area: 13.82, Foil: 50/50
・フレックス:ミディアム

ラージサイズ(79キロ以上)

・サイドフィン:Height: 4.75, Base: 4.62, Area: 16.73, Foil: Flat
・センターフィン:Height: 4.4, Base: 4.53, Area: 14.36, Foil: 80/20
・フレックス:ミディアム


FCS用

Future用

デーン・レイノルズの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

パワーサーフィンが際立つデーン・レイノルズの新旧フリーサーフ動画@カリフォルニア

デーン・レイノルズとクイックシルバーが結んでいた契約内容(主に金額)が明らかに

デーン・レイノルズがホームで使用するチャネルアイランズのボード×3@2016

クイックプロ2015@フランスでのフリーサーフ:デーン・レイノルズ

スピードの観点からチェックするハリケーンセッション:デーン・レイノルズ

デーン・レイノルズのCluster未使用となった最新映像「Sampler」

グッズの関連記事
  • 海水浴客にも参考になるサーファーの日焼け対策
  • シェイプシフターによりサーフボードのテール形状に革命が起きるのか!?
  • 「スタンドアップペダル」は「スタンドアップパドル」ほどの人気を集めるのか!?
  • 路上でサーフライクな気分を楽しめる電気スケートボード「ワンウィール(Onewheel)」
  • クレイグ・アンダーソンのシグネチャーフィンモデル「BLACKSTIX 3.0」
  • 飛行機でのボードチャージをごまかすボードケース「スマグラーシリーズ」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事