モニーツ兄弟、ジーク、メイソンの2015/2016シーズン未公開ノースショア動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Zeke Lau

刻一刻と迫ってくるハワイのサーフシーズン。ノースショア(北部沿岸)にスウェルが入りやすいハイシーズンとなるのは、北半球の冬場ですね。

コンテストスケジュールから見ると、オアフ島ノースショアで一番最初に開催されるのは、トリプルクラウンの前哨戦と言われるサンセットビーチ開催のQS3,000イベント「HICプロ」。

HICプロのウェイティングピリオドは10月27日スタートなので、2ヶ月ほどもすればハワイシーズンが幕を開けると言えるのではないでしょうか。

今回の動画は、ハワイアンサーファーたちをフィーチャーした昨シーズンの未公開映像などを集めた動画をお届けします。


スポンサーリンク



出演サーファーは、メイソン・ホー、セス・モニーツ、ジョシュア・モニーツ、イズキール”ジーク”ラウ、ケオニ”チーズバーガー”ノザキなど。

メイソンのシーンは、ハワイでのサーフシーンだけでなく、最近の映像も交えているとのことでインドネシアのシーンも含まれています。さすが、自由奔放なサーファーですね(笑)。

出演陣の中で気になるのは、セス、ジョシュア、ジークのWQSサーファー。現在のWQSランクで言えば、ジークが8位、ジョシュアが32位、セスが119位。

メンズWQSの場合、ランキングに大きな影響を及ぼす最もグレードの高いQS10,000イベントは残り3戦。ポルトガルでの一戦、そしてハワイのトリプルクラウンでの二戦です。

WQSの中でも異質なほどビッグかつパワフルなコンディションとなりやすいトリプルクラウンのWQSイベントでは、ハワイアンサーファーが際立った強さを見せることが珍しくありません。

果たして、セス、ジョシュア、ジークの3名がトリプルクラウンでどれほどの活躍を見せるのか注目です。

今回の出演サーファーに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ミック・ファニングとメイソン・ホーのアラスカトリップ@サーチシリーズ

マウイ島ジョーズで初サーフさせられたセス・モニーツの「ドッキリ」ドキュメント動画

バリ島を訪れたイズキール・ラウのリフレッシュトリップ@2016