• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

Yuri Gonçalves 2016 Indo

そろそろスウェルのハイシーズンが終わりとなって来ているサーファーにとってアジアの楽園であるインドネシア。

という事で、これからはシーズン中のインドネシアをトリップしたプロサーファーによるフリーサーフ映像がドシドシと公開されることになるでしょう。

今回の動画は、ブラジリアンサーファーのユリ・ゴンザルヴェス(Yuri Gonçalves)がインドネシアでベストウェイブを当てるためにアイランドホッピングした映像をお届けします。


スポンサーリンク



ユリがトリップしたエリアは、ロンボク島とスンバワ島。ロンボク島と言えばレフトのスーパーロングバレルのデザートポイント。スンバワ島と言えばハイパフォーマンスアクションのレイキーピーク。

で、ユリがサーフしたのが、東はレイキーピークから西はデザートポイントと、完璧にインドネシアのベストスポットを網羅した旅となっています。

さて、今回の動画で初めてユリ・ゴンザルヴェスというサーファーのライディングを見ましたが、ワイルドなアプローチで見ていてエキサイトさせられるサーフィンです。

本能と直感によるサーフィンなので、演技としてまとめなければならないコンテスト向きではないと思います。実際、今年のユリは精力的にWQSイベントに出場しているものの、現ランキングは154位。

ただ、良い映像のみを使えるフリーサーファーとしては最高なサーファーではないでしょうか。それにしても、今回のユリ然り、ブラジルには無名でありながら才能溢れるサーファーが多いですね。

サーフトリップの関連記事
  • バリ島&スンバワ島レイキーピークでフリーサーフ:クーパー・チャップマン
  • 生後直後から海に親しんでいた若干16歳のマルコ・ミニョーが南太平洋タヒチにチャージ
  • 天国と地獄が混在するPパスのヘビーバレル:スミス兄弟
  • ボルコムライダーのグーフィーフッター3名が行くモルディブ
  • ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート5
  • トレン・マーティンが中米で見せたツインフィンでスタイリッシュな最新フリーサーフ動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事