モロッコでトム・カレンが「S-Wings」装着のスキムボードでフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Tom Curren

最近では変わったボードに傾倒している感じがする3×ワールドチャンピオンのトム・カレン「Tom Curren」(52歳)。

フィンレスのスキムボードにハマっていたかと思うと、今度はスキムボードにこれまた突飛な形状であるフィン「S-Wings」を装着したりと、常人の理解を超えたテストに没頭していますね。

急がば回れを実行するトム・カレンのフィンレスボード特訓動画@メキシコ

近日販売となる従来のフィンを凌駕する革新的フィン「S-Wings」

今回の動画は、トム・カレンが「スキムボード」×「S-Wings」の変わったボードに乗ってモロッコでフリーサーフィンを楽しむ映像をお届けします。


スポンサーリンク



トムがS-Wingsを知ったのは2015年の夏。同フィンのプロトタイプを持っていたモロッコ出身プロサーファーのジェローム・サユーンとバリ島で出会ったためです。

興味を持ったトムは、メイソン・ホーが持っていたMRのボードに装着してテストライド。下記過去記事に映像がありますね。

メイソン・ホーとチーズバーガーの爆笑サーフトリップ@バリ島(インドネシア)

S-Wingsに出会った時にトムが他に興味を持っていたのは、ボディボードやスキムボードなどタイプの異なるボードでのフィンレスサーフィン。そこで生まれたのが、スキムボードとS-Wingsのコンビネーション。

フィンレスのスキムボードにフィンを装着するのは何か違和感があるように思いますが、非常に論理的なアイディアだそうです。

「スキムボードはロッカーがないから凄いスピードが出るけど、アウトラインの曲線やレールの薄さから、ドライブを効かすには適さない。そこでS-Wingsを使うと、コントロール性能とスピードが増すので、通常のサーフボードのように乗れるようになる」とのこと。

もともとS-Wingsは、通常のサーフボードに対する高性能なフィンであるはずです。そのため、通常のボードを使用することが当たり前と考えるのが一般的かと思います。

しかし、トムの場合はS-Wingsの利点をボード性能のさらなる向上に使うのではなく、ボードの弱点を補うために使っています。そうすることで、サーフボードの進化の間口を広げたとも考えられます。着眼点が面白いですよね。


トム・カレンの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

南アフリカイベント開催目前!トム・カレンがJベイで初サーフした92年の映像

ロブ・マチャド/ライアン・バーチ/トム・カレンが乗る個性溢れるオリジナルボード

今年2015年の開催が見送られたリップカールカップ@パダン&トム・カレン動画

Jベイでボードのテストライド:トム・カレン

ビッグスウェルと共に再び宮崎へと舞い戻って来たトム・カレン

メキシコで昔と変わらぬスタイリッシュなサーフィンを見せるトム・カレン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)