ウィルコが無念の一コケとなった2016年WCT第八戦「ハーレープロ」:二日目

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ブレット・シンプソン Photo: WSL

ブレット・シンプソン Photo: WSL

現地時間9月9日(カリフォルニア)、南カリフォルニアのローワーズ(ローワー・トレッスルズ)を舞台にしたWCTメンズ第八戦「ハーレー・プロ・アット・トレッスルズ(Hurley Pro at Trestles)」が開催。

予報通りに本日もしっかりとスウェルが入っていたので開催された本日。本日は、ラウンド1の残り1ヒートとラウンド2が行われました。

カリフォルニア時間の9月7日にローワーズでスタートする2016年WCTイベント情報

五十嵐カノアの国籍が「USA」に戻っていた2016年WCT第八戦「ハーレープロ」初日


スポンサーリンク



本日も波のサイズがフェイスで4~6フィートほどあったので予定通りに開催。ただし、朝一はクリーンコンディションでの開催となりましたが、時間が経つに連れてトリッキーなコンディションが目立つようになりました。

そんな本日、ラウンド2がスタートしてからは番狂わせが連続して発生する予想外の荒れた展開に。

ヒート1では、現WCTランク2位のマット”ウィルコ”ウィルキンソンがワイルドカード出場のブレット・シンプソンに僅差で敗退。今イベントのウィルコは、ラウンド1とラウンド2ともにワイルドカードに抑えこまれる結果となりました。

2016-hurley-pro-r2h1

ブレット・シンプソンの6.93ポイント@ラウンド2

ウィルコ敗退後のヒート2ではジュリアン・ウィルソン、ヒート3ではアドリアーノ・デ・スーザといったランキング上位陣も一コケという番狂わせが続いています。

本日のシングルハイエストスコアは、9.77をマークしたミック・ファニング。ディフェンディングチャンピオンでありながら、ラウンド1では絶好調だったジョエル”パーコ”パーキンソンに敗退を喫しました。

しかし、本日のラウンド2は安定した強さでバックアップスコアも8.83というエクセレントレンジを揃え、ラウンドアップを決めています。

ミック・ファニングの9.77ポイント@ラウンド2

ミックに次ぐハイスコアを出したのは、9.17を叩き出したローカルのコロヘ・アンディーノ。昨日のラウンド1は2本しか波に乗れなかった上、0ポイント台と2ポイント台というボロボロな結果でしたが、徐々にリズムに乗ってきたのでしょう。

コロヘ・アンディーノの9.17ポイント@ラウンド2

さて、今後の波予報ですが、ほぼ間違いなく明日も開催されるでしょう。現地時間の午前7時半開催となれば、日本時間では午後11時半となります。

イベント詳細に関しては、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Hurley Pro at Trestles

本日の結果
・ラウンド2
Heat 1: Brett Simpson (USA) 13.80, Matt Wilkinson (AUS) 13.56

Heat 2: Alex Ribeiro (BRA) 14.87, Julian Wilson (AUS) 14.83

Heat 3: Kai Otton (AUS) 14.77, Adriano De Souza (BRA) 10.53

Heat 4: Kelly Slater (USA) 15.80, Ryan Callinan (AUS) 15.20

Heat 5: Italo Ferreira (BRA) 16.10, Keanu Asing (HAW) 11.97

Heat 6: Mick Fanning (AUS) 18.60, Matt Banting (AUS) 14.26

Heat 7: Kolohe Andino (USA) 16.57, Jeremy Flores (FRA) 15.04

Heat 8: Jadson Andre (BRA) 14.70, Sebastian Zietz (HAW) 12.73

Heat 9: Josh Kerr (AUS) 13.17, Alejo Muniz (BRA) 10.07

Heat 10: Caio Ibelli (BRA) 13.76, Davey Cathels (AUS) 10.90

Heat 11: Conner Coffin (USA) 13.17, Nat Young (USA) 12.60

Heat 12: Miguel Pupo (BRA) 15.33, Adam Melling (AUS) 13.60

・ラウンド1
Heat 12: Michel Bourez (PYF) 13.03, Alejo Muniz (BRA) 12.80, Sebastian Zeitz (HAW) 12.17

今後のヒート表
・ラウンド3
Heat 1: Jordy Smith (ZAF), Kai Otton (AUS)

Heat 2: Michel Bourez (PYF), Miguel Pupo (BRA)

Heat 3: Kelly Slater (USA), Jack Freestone (AUS)

Heat 4: Kolohe Andino (USA), Conner Coffin (USA)

Heat 5: Caio Ibelli (BRA), Filipe Toledo (BRA)

Heat 6: John John Florence (HAW), Brett Simpson (USA)

Heat 7: Gabriel Medina (BRA), Tanner Gudauskas (USA)

Heat 8: Joel Parkinson (AUS), Wiggolly Dantas (BRA)

Heat 9: Mick Fanning (AUS), Stu Kennedy (AUS)

Heat 10: Italo Ferreira (BRA), Jadson Andre (BRA)

Heat 11: Josh Kerr (AUS), Kanoa Igarashi (USA)

Heat 12: Adrian Buchan (AUS), Alex Ribeiro (BRA)

ハイライト動画(メンズはスタートから1:45まで)