ジェイ・デイヴィスなどカスタムライダーのハードコア過ぎるスラブだらけな豪ロードトリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Shaun Manners

「Time to hit the road!(出発の時が来たぜ)」と言うことで、オーストラリアの中でもかなりの僻地へとロードトリップを敢行することになったフットウェアブランド「Kustom(カスタム)」のチームライダー。

今回の動画は、カスタムのオーストラリア出身チームライダーたちが、これでもかとスラブ(slab:底ボレするバレル)にチャージし続けるプロサーファーにとって大当たりとなったロードトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク



トリップに参加したサーファーは、ジェイ・デイヴィス(Jay Davies)、ボー・フォスター(Beau Foster)、ショーン・マナーズ(Shaun Manners)、ハリー・ブライアント(Harry Bryant)。

トリップ先についての記述はありませんが、動画を見ているとガス欠したシーンがあり、ナラボー平原と口にしています。ナラボー平原は、WA(ウエスタンオーストラリア)州とSA(サウスオーストラリア)州を跨るエリア。

手付かずのエリアであることから、無人のラインナップでパーフェクトウェイブが割れていることも珍しくないそうです。ただし、ホホジロザメの噂は跡を絶ちません・・・。

そんなワイルドなエリアに相応しく、ワイルドなスラブを至る所でスコアした今回のトリップ。一般サーファーには真似できないハードコアなセッションとなっています。