• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

gabriel-medina-at-lowers

スケートパークのようなスーパーファンウェイブがブレイクする南カリフォルニアのローワーズ(正式名は「Lower Trestles(ローワー・トレッスルズ)」ですが省略して「Lowers」)。

世界的に有名サーフスポットであることから混雑必至であり、ハーレープロの開催期間ともなればWCTサーファーも集まり、混雑レベルとサーフレベルは急上昇。

今回の動画は、そんなローワーズにおいてガブリエル・メディナがパドルアウト中のサーファーを轢いてしまった!?映像をお届けします。


スポンサーリンク



あまりの混み具合から、ガブリエルとしては「轢いちまってもいいか」と思ったのか、はたまた「ダックダイブで避けるだろう」と思ったのかは不明な今回の動画。

ただ、怖ろしい映像です・・・。WCTサーファーの場合はライディングのスピードがとんでもなく早いので、かなり離れた位置でパドルアウトしていても、気付いたら接近している可能性が十分にあるので。

ハーレープロ期間中は、ラインナップという近距離から世界トップサーファーたちのライディングが見れるという滅多にないチャンスではありますが、確実に邪魔をしないという確信がない限り、ビーチから見学した方が良いのかもしれません。

パドルアウトしているサーファーがガブリエルのライン上にいたのが悪いのか、サーファーがいるのが分かっていながらトップアクションを仕掛けたガブリエルが悪いのかは、この際どうでもいいでしょう。

とにかく、怪我をすることなくサーフィンを楽しむことを第一に考えなきゃダメですね。

ガブリエル・メディナのローワーズでのドロップイン問題に関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

許されるドロップイン&許されざるドロップイン

  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン3:エピソード10
  • サリー・ストーリー シーズン2エピソード1:サリー・フィッツギボンズ
  • シャーベット状のスラーピーウェイブ発生の謎!?海の表面だけ凍るわけとは
  • 病気の子供に夢を与える団体によるサーフィンサプライズ@オーストラリア
  • ティア・ブランコのボードシェイプ体験記
  • ケープ・フィアはエントリースポットも危険!海から上がっても気を抜いていたら…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事