2016年WCTイベント@ローワーズの開催は本日深夜!?サーフラインによる最新波予報

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via WSL

via WSL

南カリフォルニアのローワーズ(ローワー・トレッスルズ)で開催されているWCTメンズイベント「ハーレープロ」とWCTウイメンズイベント「スウォッチプロ」。

男女共にセミファイナリストが出揃っているので、残されたヒートはわずか6ヒートのみ。あとはイベント最終日を待つばかりとなっています。

今回の記事は、ワールドツアーの公式波予報サイト「サーフライン」による予報からイベント最終日の開催予定日情報をお伝えします。


スポンサーリンク



これまでにもWSL(ワールドサーフリーグ)コミッショナーが、イベント最終日は現地時間14日または15日になるだろうと発表されていました。そして現地時間の13日夜、波予報が発表されています。

ローワーズでの最終日の舞台に華を添える南南東/南スウェルがピークに達するのは、現地時間14日(水曜)の午後との見込み。波のサイズは胸~頭サイズ、最大セットでオーバヘッドほどの予想で、午前中を通してスウェルが強まるそうです。

15日(木曜)は、午前中の早い時間帯はスウェルが残るものの、徐々にサイズダウン傾向とのこと。ということで、14日の開催はほぼ確定でしょう。

開催予定時間は、現地時間の14日午前7時半(日本時間の14日午後11時半)にライブ中継でコンディションの発表が行われ、ヒート開始予定は午前8時(日本時間の15日午前0時)。

ただし、早朝の段階でサイズアップが遅れていれば、午後にスウェルがピークに達する予報を考慮し、少し待機してからの開催も十分にあり得るかと思います。

個人的な意見として、メンズはタイトルレースが面白くなるという理由からジョーディ・スミスの優勝を期待しています。本心はフィリペ・トレドが圧倒的に有利だとは思いますが…。

ウイメンズは、タイラー・ライトとステファニー・ギルモアのファイナルになり、タイラーが優勝しそうな気がします。ステフの復活優勝を願っていますが。

イベント詳細およびライブ中継に関しては、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Hurley Pro at Trestles

公式サイト「Swatch Women’s Pro

同イベントのこれまでの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

メンズ

五十嵐カノアの国籍が「USA」に戻っていた2016年WCT第八戦「ハーレープロ」初日

ウィルコが無念の一コケとなった2016年WCT第八戦「ハーレープロ」:二日目

トップ10が続々と敗退した2016年WCT第八戦「ハーレープロ」:三日目

小波のフィリペは最強!2016年WCT第八戦「ハーレープロ」:四日目

ウイメンズ

ステフが好調だった2016年WCT第七戦「スウォッチ・ウイメンズ・プロ」初日

タイラーとコートニーが勝ち残った2016年WCT第七戦「スウォッチ・ウイメンズ・プロ」二日目

タイラーがQF進出を決めた2016年WCT第七戦「スウォッチ・ウイメンズ・プロ」三日目

サメが目撃され一時中断となった2016年WCT第七戦「スウォッチ・ウイメンズ・プロ」四日目