シティサーファーのパマ・デイヴィスがインドネシア奥地のテロスへ撮影トリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Pama Davies Telos

オーストラリアの中で、波がワールドクラスというわけではないのに混雑するNSW(ニューサウスウェールズ)州シドニーのサーフスポット「ボンダイビーチ(Bondi Beach)」。

そのボンダイビーチをホームブレイクとする若手フリーサーファーのパマ・デイヴィス「Pama Davies」(20歳)。そして、パマのメインスポンサーである高級アパレルブランド「Pt. Nemo(ポイント・ニーモ)」。

いずれも聞き馴染みが薄いワード揃いではないでしょうか。今回の動画は、パマ・デイヴィスがインドネシアのテロス(Telos)こと、テロ島(Telo Islands)を訪れた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



まずは波がさほど良いわけではないのに混雑するボンダイビーチ。その理由は、人口が集中するシドニー中心部から最も近いサーフスポットであるためです。

シドニーのビジネス街で働くサーファーにとって、手軽にアクセス可能なので当然ですよね。そんな環境にあるため、ボンダイビーチはシティビーチと呼ばれています。

続いてはサーフアパレルブランドのポイント・ニーモ。同ブランドは、シティライフを送るサーファー向けアパレルであり、オーストラリアでデザイン、イタリアで100%製造されているハイブランドとのこと。

ポイント・ニーモのサイトをチェックすると、チームライダーはまだ男女一名づつのようなので、これからオーストラリアのサーフシーンでも広がりを見せるブランドになるのかもしれません。

そんなシティ派ハイブランドのファーストライダーであるパマ・デイヴィスによる、シティとはかけ離れたインドネシアの奥地でのフリーサーフ動画。是非ともチェックして下さい。

ちなみに、動画前半は少しだけオーストラリアのサウスコーストでの映像となっています。

公式サイト「PT. NEMO