• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

Pama Davies Telos

オーストラリアの中で、波がワールドクラスというわけではないのに混雑するNSW(ニューサウスウェールズ)州シドニーのサーフスポット「ボンダイビーチ(Bondi Beach)」。

そのボンダイビーチをホームブレイクとする若手フリーサーファーのパマ・デイヴィス「Pama Davies」(20歳)。そして、パマのメインスポンサーである高級アパレルブランド「Pt. Nemo(ポイント・ニーモ)」。

いずれも聞き馴染みが薄いワード揃いではないでしょうか。今回の動画は、パマ・デイヴィスがインドネシアのテロス(Telos)こと、テロ島(Telo Islands)を訪れた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



まずは波がさほど良いわけではないのに混雑するボンダイビーチ。その理由は、人口が集中するシドニー中心部から最も近いサーフスポットであるためです。

シドニーのビジネス街で働くサーファーにとって、手軽にアクセス可能なので当然ですよね。そんな環境にあるため、ボンダイビーチはシティビーチと呼ばれています。

続いてはサーフアパレルブランドのポイント・ニーモ。同ブランドは、シティライフを送るサーファー向けアパレルであり、オーストラリアでデザイン、イタリアで100%製造されているハイブランドとのこと。

ポイント・ニーモのサイトをチェックすると、チームライダーはまだ男女一名づつのようなので、これからオーストラリアのサーフシーンでも広がりを見せるブランドになるのかもしれません。

そんなシティ派ハイブランドのファーストライダーであるパマ・デイヴィスによる、シティとはかけ離れたインドネシアの奥地でのフリーサーフ動画。是非ともチェックして下さい。

ちなみに、動画前半は少しだけオーストラリアのサウスコーストでの映像となっています。

公式サイト「PT. NEMO

サーフトリップの関連記事
  • ビラボンガールズが行くチョープー以外の魅力も溢れる地上の楽園タヒチ
  • アリッツ・アランブルを含むスペイン人サーファーのトリップ動画@スケルトンベイ
  • ノルウェーでオーロラサーフィンを行ったミック・ファニングの本編動画が公開
  • ロンボク島デザートポイントに2017年ファーストスウェル!メイソン・ホーなど集結
  • トラブル込みのアフリカトリップ:サンチョ&マーク・ラコマレ
  • 自給自足のキャンプスタイルで過ごしたアラスカでの2ヶ月:ダミアン・カステラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事