• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

dolphin-attack

非常に知的であると言われるイルカ。サーファーにとってはお馴染みの海洋生物であり、オーストラリアなどではサーフィン中にイルカに遭遇することは珍しくありません。

私もオーストラリアで暮らしていた頃、沖に向かうパドルアウト中にイルカの群れが波に乗ろうと真正面から泳いで来た時にはドキドキした経験があります。もちろん、体当りされることはありませんでしたが。

今回の動画は、おっちょこちょい!?なイルカがサーファーにフライングボディアタックを喰らわせてしまったレアな動画をお届けします。


スポンサーリンク



事故!?が起こったのはオーストラリアのWA(ウエスタンオーストラリア)州カルバリでのこと。被害者となったのは13歳のジェド・グラディソン君。

西オーストラリア州のアンダー14部門で州チャンピオンに輝いた経験を持つジェド君のお父さんが、ジェド君のサーフィン撮影を行っている時に発生したハプニングです。

この日の波はかなりパワフルなコンディションで、ダブルアップでサーフボードが折れながら、最高のセッションを楽しんでいたと言います。しかし、イルカにサーフボードを破壊されるとは予想だにしないこと…。

ジェド君によると事の顛末は以下の通り。

ラインナップにパドルバックしてたんだ。その時にイルカの群れが見えて、真っ直ぐ僕に向かってきているのが分かった。すぐにボードから飛び降りて海中に潜ったよ。

ジャンプしてきたイルカは、僕の肩と背中半分に着地してきた。そして、イルカの鼻先が僕のサーフボードに突き刺さる感じになったみたい。痛かっただろうね。

イルカのことも気に掛ける優しいジェド君。幸いにも、ジェド君本人は軽傷を負って数日は痛みが続いたものの、大事には至らなかったとのこと。

ちなみに、今回の事故が発生したカルバリのローカルサーファーであるカービー・ブラウンは、ジェド君同様、サーフィン中にイルカにぶつかった経験があり、その際は足を骨折したとの情報もあります…。

参照記事:「Must Watch: Dolphin Launches Onto WA Grom

参照記事:「Dolphin jumps on to WA junior surfing champion Jed Gradisen at Kalbarri

ニュースの関連記事
  • バリ島(インドネシア)でビールが飲めなくなるかも!?アルコール禁止法案について
  • 3メートルほどのホホジロザメ出没により南カリフォルニアで今年3度目のビーチ閉鎖
  • 今季は大きく様変わりするBWT(ビッグウェイブツアー)と同コミッショナー交代
  • シャークアタックから早12年 妊娠発表したベサニー・ハミルトン
  • ミック・ファニングが2016年WCTイベントはフル参戦しないと発表
  • 19歳の企業家がチャレンジする海のクリーンアップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事