ベンジャミン・サンチスが絵に描いたような波を当てた2016年メンタワイ(インドネシア)

シェア(記事を気に入ればお願いします)

benjamin-sanchis-ments

ヨーロッパにビッグウェイブが押し寄せるウインターシーズンには欠かせない存在と言えるフランス出身ビッグウェイブサーファーのサンチョこと、ベンジャミン・サンチス「Benjamin Sanchis」(35歳)。

そんなサンチョが、インドネシアのメンタワイ諸島にソリッドスウェルが押し寄せると親友のフォトグラファーから連絡を受け、すぐさま飛行機に飛び乗って敢行することになったストライクミッション。

今回の動画は、ベンジャミン・サンチスがメンタワイでソリッドなパーフェクトウェイブを当てた映像をお届けします。


スポンサーリンク



現在はカナリア諸島で暮らしているサンチョ。そのため、インドネシア入りは容易ではなく、2日間掛けての移動だったと言います。しかし、その見返りとしては、十分過ぎるほどの波が待ち受けてくれることに。

今回、メンタワイでは初のランドリゾートでのステイを体験したサンチョが選んだ宿泊先は、プロサーファーによるメンタワイトリップではお馴染みとなっているカンドゥイ・リゾート。

ワールドクラスなサーフスポットが近くには数多く存在しています。

シーズン間近のメンタワイを振り返るカンドゥイ・リゾートの2015年ハイライト動画

そんな環境の中、レフトのヘビーバレルで知られるカンドゥイ、ライトのパーフェクトバレルがブレイクするライフルズなどでサンチョがバレルを満喫する今回の動画。

サンチョが持ち込んだサーフボードは以下の通り。

6’5″ JS Forget Me Not Model
6’2″ Stretch ThingV2 Quad
6’0″ JS Monsta
5’11” Stretch Twin
5’11” JS Monsta
5’9″ Stretch Buzz Saw Quad

最も長い6’5は、一発目のセッションで折れたとのことで、動画に登場するソリッドスウェルでは6’2以下のボードでサーフしていたことになります。プロが使用するボードの長さは短くなってきているとは言え、凄いですね。

参照記事:「WHERE’S SANCHO? DEEP INSIDE A KANDUI DRAINER

ベンジャミン・サンチスの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

今年一番のスウェルが入ったホセゴー(フランス):ベンジャミン・サンチス

ギネス記録を超える108フィートの波に乗ったサーファー:ベンジャミン・サンチス

Where is Sancho@メンタワイ諸島

Where is Sancho?:今シーズンのフランスで当てたビッグウェイブ特集

ヨーロッパトップクラスのビッグウェイブサーファーのサンチョが攻めるトドス・サントス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)