スロブエアーが光るイーサン・オズボーンによるインドネシアのメンタワイトリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

eithan-osborne

若干16歳ながら、大人びたライディングが特徴となっているビラボンライダーのイーサン・オズボーン(Eithan Osborne)。

そのイーサンがメンタワイ諸島(インドネシア)へとサーフトリップした際の動画が、ベンチュラをホームとする先輩サーファーであるニック・ローザの「Salty Beards」から公開されました。

今回の動画は、イーサン・オズボーンがインドネシアのパーフェクトウェイブを求めて訪れたメンタワイでのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



動画を見る限り、アクション系に最適なスーパーファンウェイブを当てたと思われる今回の動画。

しかし、動画説明欄を見ると、インドネシア基準で見れば平均以下のコンディションで、大外れのトリップになったとのこと。

そんなイーサンのフリーサーフィンで、何度も繰り返しているので印象的なのがスロブエアー(slob air)。スロブエアーとは、体正面側のレールを、前方の手でグラブするエアリアルです。

シンプルなエアリアルでありながら、今も昔もスロブエアーを取り入れるプロサーファーが多いのはスタイリッシュだからではないでしょうか。最近では、ノア・ディーンのシグネチャームーブといった印象があるほど定着してますね。

イーサンによるスロブエアーも、とても安定感があってクールなのでチェックして見て下さい。

イーサン・オズボーンが出演している過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

シェーン・ドリアンがコーチを務めたビラボンの若手サーフキャンプ@バリ島

ビラボン若手ライダーによるレイキーピークでのフリーセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)