2016年レイトシーズンに待望のスウェルが入ったチョープー(タヒチ)セッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

teahupoo-2016-late-season

例年と比較すると、あまりビッグスウェルに恵まれることのなかった世界的なスラブスポット(slab:底ボレするバレル)として知られるタヒチのチョープー。

そんなチョープーにとってレイトシーズンとなる日本の真夏、スウェルチャートにはついに念願のパープルブロブが出現となり、ローカルとインターナショナルサーファーが集結。

今回の動画は、タヒチのチョープーで繰り広げられたレイトシーズンのスーパーセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク



先ほど何気なく記したパープルブロブ(purple blob)とは、日本語にしたら「紫の塊」といった意味となり、スウェルチャートではビッグスウェルを意味します。

そのため、ビッグスウェルを狙うビッグウェイブサーファーからはよく発せられる単語であり、パープルブロブが出現したら入念にチャートをチェックする事になります。今回もまた、スウェルチャートにパープルブログが出現してのこと。

さて、今回のセッションに話を戻し、出演しているサーファーはビッグウェイブアワードでチューブアワードを受賞したマタヒ・ドローレといったローカルサーファーたち。

インターナショナルサーファーは、ネイザン・フレッチャー、ダニー・フラー、ベンジ・ブランドなどといったサーファーが、今回のスウェルを狙ってタヒチ入り。

南半球のシーズンが終わったため、しばらくは目にすることが少なくなると思われるチョープーでのセッション動画。ぜひともチェックして下さい。