ビッグウェイブやビッグネーム!タロン・クレモーが撮影してきたワールドベストサーファー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

talon-clemow-footage

オーストラリアのタスマニアを拠点に活動しているフィルマー/プロデューサーであるタロン・クレモー(Talon Clemow)。

ビッグウェイブ、ビッグムーブ、ビッグネームを撮影するタロンの作品で有名なのが、2012年、WCTイベント開催中にフィジーのクラウドブレイクが大炸裂した際のドキュメンタリー作品「Thundercloud」ではないでしょうか。

今回の動画は、タロン・クレモーがこれまでに撮影してきたビッグネームサーファーの映像をお届けします。


スポンサーリンク



普段はタスマニアでローカルサーファーのドキュメンタリー作品の制作に取り組んでいるというタロン。しかし、ビッグスウェルが入るのであれば、フットワーク軽く世界を飛び回るそうです。

今回出演しているサーファーは登場順に、ジュリアン・ウィルソン、ヤディン・ニコル、ミック・ファニング、マーク・マシューズ&タジ・バロウ、ジェイミー・オブライエン。

当ブログでもすでに紹介しているのは、ミック・ファニングのシップスターン(タスマニア)、マーク・マシューズ&タジ・バロウのザ・ライト(西オーストラリア)など。

ハーレープロ前にシップスターンでビッグセッション:ミック・ファニング

タジ・バロウ&マーク・マシューズによる命がけ撮影フルドキュメント

こうして見ると、凄まじい撮影の影ではタロンがカメラを回していることが分かりますね。タジとマークの映像は、いつ見ても強烈過ぎです…。