<必見>来季WCT入りは手堅いレオナルド・フィオラヴァンティ!ケリーやカノアも登場するフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

leonardo-fioravanti

現WQSランキングトップをひた走るイタリア出身のレオナルド・フィオラヴァンティ「Leonardo Fioravanti」(18歳)。

今年はWCTイベントにもワイルドカード出場を果たし、マーガレットリバー(西オーストラリア)では5位、リオデジャネイロ(ブラジル)では13位の成績を残し、ワールドツアーでも通用できると証明している若手サーファーです。

今回の動画は、来季WCT入りがほぼ確定しているレオナルド・フィオラヴァンティのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



3つのエリアから構成されている今回の動画。シーン別にクラウドブレイク(フィジー)、フランス、エルサルバドルとなっています。

意外なことに、フィジーを訪れたのは初めてと話すレオ。WCTのオーストラリアンレグ終了後にケリー・スレーターも訪れたタイミングと重なっていましたね。

ケリー・スレーターがタバルア島(フィジー)で「バナナ」モデルをテストライド

そこで、ケリーもレオにコメントを寄せています。

「レオは波選びが長けているから、必ず良い波に乗るんだ。それと、ビッグウェイブに強いね。パワフルなコンディションが得意だと思うから、それだけでもコンテストではかなり有利だよ」。

続いてはフランス。イタリア出身ながらもサーフィンの拠点はフランスで、今では家族もフランス在住と言います。

今冬はフランスで過ごす時間が長かったとのことで、その際のフリーサーフ映像が使われているのだと思います。

ラストは中米エルサルバドル。WQSイベントの合間には常にスウェルを狙っているレオ。と言うのも、WQS生活において息抜きになるそうです。

そこで、エルサルバドルにグッドスウェルが入ると確認し、同じクイックシルバーのチームライダーである五十嵐カノアとイズキール”ジーク”ラウを誘い出し、トリップを決行。

来年からは五十嵐カノア同様、ワールドチャンピオンを目指す若きサーファーとして、ワールドツアーで戦うはずのレオ。間違いなく目が離せない存在です!


レオナルド・フィオラヴァンティの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

現WQSランキングトップのレオナルド・フィオラヴァンティがUSオープン開催直前に負傷

パイプでの負傷前のハワイセッション:レオナルド・フィオラヴァンティ

メンタワイ諸島でのフリーサーフ:レオナルド・フィオラヴァンティ

若手クイックシルバーライダーのハワイセッション:レオナルド・フィオラヴァンティ

イタリアの地中海セッション:レオナルド・フィオラヴァンティ