• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
ヒート終了後のジョンジョン・フローレンス Photo: WSL

ヒート終了後のジョンジョン・フローレンス Photo: WSL

現地時間10月6日(フランス)、ホセゴーを舞台にしたWCTメンズ第九戦「クイックシルバー・プロ・フランス(Quiksilver Pro France)」が開催。

4~6フィートのソリッドスウェルが押し寄せるも、カレントが強くピークのポジションが変わりやすいタフコンディションの中、ラウンド1が終了しました。

今日スタートのフランスイベント!イベント情報やジョンジョンのウォームアップセッションなど

2ヒートのみ開催された2016年WCT第九戦「クイックシルバー・プロ・フランス」初日


スポンサーリンク



現在タイトルレースに絡んでいるのはランキングトップから順に、ジョンジョン・フローレンス、ガブリエル・メディナ、マット”ウィルコ”ウィルキンソン、ジョーディ・スミスの4名。

3人ヒートのラウンド1では、ジョンジョンとガブリエルが1位通過でラウンド3へ、ウィルコとジョーディが敗者復活戦のラウンド2行きとなりました。

ジョンジョン・フローレンス Photo: WSL

ジョンジョン・フローレンス Photo: WSL

波選びとポジショニングが難しかった中でも、シングルハイエストスコアの8.73、トータルハイエストスコアの16.10をマークしたのがジョンジョン。

ジョンジョンが出場したラウンド1ヒート6では、ワイルドカード出場のジョアン・ドゥルが終始ヒートをリードする展開に。実際、ジョアンのトータルスコアは15.34と、ラウンド1ではジョンジョンのトータルハイエストスコアに次ぐ記録です。

しかし、ヒート残り2分台で活路を見出したジョンジョン。最後の最後でバレルをメイクすることで8.73をマークし、大逆転劇を演じました。

ジョンジョン・フローレンスのR1H6のダイジェスト動画(シングルハイエストスコアの8.73ptは6:42~)

フランスとの相性抜群なガブリエルは、パワフルなターンのコンビネーションのライディング、ノーズピックからのリバースといったトリッキーなライディングとバリエーション豊かなサーフィンでラウンドアップ。

ガブリエル・メディナの7.27@ラウンド1

ガブリエル・メディナの6.23@ラウンド1

今後の波予報ですが、7日(金曜)は最大セットでオーバヘッド、8日(土曜)は肩・頭サイズ。いずれも風向きは、午前がオフショア、午後がオンショアの見込み。

9日(日曜)からはサイズダウンの予報となっているので、7~8日は開催されると思います。

日本とフランスの時差は7時間で、日本の方が7時間進んでいます。現地時間の午前8時にイベントスタートとなれば、日本時間は午後3時となります。

詳細については公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Quiksilver Pro France

本日の結果
・ラウンド1
Heat 3: Kai Otton (AUS) 11.84, Jordy Smith (ZAF) 8.83, Jadson Andre (BRA) 7.03

Heat 4: Miguel Pupo (BRA) 8.57, Matt Wilkinson (AUS) 8.24, Leonardo Fioravanti (ITA) 8.14

Heat 5: Gabriel Medina (BRA) 13.50, Ryan Callinan (AUS) 12.10, Dusty Payne (HAW) 10.4

Heat 6: John John Florence (HAW) 16.10, Joan Duru (FRA) 15.34, Conner Coffin (USA) 10.74

Heat 7: Adrian Buchan (AUS) 13.26, Stuart Kennedy (AUS) 8.33, Jeremy Flores (FRA) 6.50

Heat 8: Italo Ferreira (BRA) 12.46, Alex Ribeiro (BRA) 9.74, Wiggolly Dantas (BRA) 8.53

Heat 9: Caio Ibelli (BRA) 13.36, Julian Wilson (AUS) 12.76, Alejo Muniz (BRA) 12.10

Heat 10: Kolohe Andino (USA) 14.24, Sebastian Zietz (HAW) 11.54, Jack Freestone (AUS) 10.80

Heat 11: Davey Cathels (AUS) 13.60, Filipe Toledo (BRA) 8.80, Josh Kerr (AUS) 7.83

Heat 12: Adriano De Souza (BRA) 14.00, Adam Melling (AUS) 8.97, Michel Bourez (PYF) 7.90

今後のヒート表
・ラウンド2
Heat 1: Matt Wilkinson (AUS) vs. Joan Duru (FRA)

Heat 2: Jordy Smith (ZAF) vs. Ryan Callinan (AUS)

Heat 3: Kelly Slater (USA) vs. Leonardo Fioravanti (ITA)

Heat 4: Joel Parkinson (AUS) vs. Matt Banting (AUS)

Heat 5: Julian Wilson (AUS) vs. Jeremy Flores (FRA)

Heat 6: Filipe Toledo (BRA) vs. Alex Ribeiro (BRA)

Heat 7: Michel Bourez (PYF) vs. Alejo Muniz (BRA)

Heat 8: Josh Kerr (AUS) vs. Jack Freestone (AUS)

Heat 9: Sebastian Zietz (HAW) vs. Adam Melling (AUS)

Heat 10: Wiggolly Dantas (BRA) vs. Conner Coffin (USA)

Heat 11: Stuart Kennedy (AUS) vs. Dusty Payne (HAW)

Heat 12: Kanoa Igarashi (USA) vs. Jadson Andre (BRA)

ハイライト動画(男女混合で前半がメンズ)

コンテストの関連記事
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー最終戦ターゲット・マウイ・プロ:初日ハイライト
  • 2017年QS3,000「ボルコム・パイプ・プロ」最終日:若手オージーのソリ・ベイリー優勝
  • パイプマスターズを振り返ろう!これまでのベストライドとワーストワイプアウト
  • 2013年度WCTメンズno.12:ミシェル・ボウレズ
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第五戦フィジー・プロ:最終日ハイライト
  • 2013年度WCTメンズno.26:ジャドソン・アンドレ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事