ジョシュ・カーの愛娘/シエラ(9歳)がメンタワイ諸島で見せた今年2016年のフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

sierra-kerr

メンズのワールドツアーにおいて、安定した成績で上位をキープしているジョシュ・カー「Josh Kerr」(32歳)。

そんなジョシュの愛娘であり、すでにロキシーがスポンサーに付くほどスケートボードとサーフィンに夢中なのが9歳のシエラ・カー(Sierra Kerr)。

今回の動画は、若干9歳という若さのシエラ・カーが今年2016年、メンタワイ諸島(インドネシア)を訪れた際のフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



シエラの父親のジョシュは、若手の頃は通常のコンテストではなく、エアーショーに出場しては優勝していたエアリアルサーファーという事で、スケートライクなムーブはお手の物。

そんなジョシュの娘として4歳の頃にスケートボードを始めるようになり、2~3年後にはすでに天才スケーターと言われまでに成長したシエラ。

サーフィンの腕前もスケートに負けず劣らずといった感じで、9歳にしてメンタワイ諸島を訪れたのが今回の動画です。

上記動画はサーフシーンだけとなるので、スケートシーンも収録された動画も下記にて紹介しておきます。

下記動画では、スケートシーンだけでなく、同じロキシーライダーでありWCTサーファーのビアンカ・ビュイテンダグとのサーフセッションもチェックできます。

下記動画では「パパは私にとって刺激そのもの。パパよりもサーフィンが上手くなりたいわ」と口にしています。素敵な親子関係ですね!

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)