ルーク・ハインドの2016年サーフトリップ~インドネシア・タスマニア・南オーストラリア~

シェア(記事を気に入ればお願いします)

luke-hynd

オーストラリアQLD(クイーンズランド)州ゴールドコースト出身のルーク・ハインド「Luke Hynd」(20歳)。

若干20歳のルークの存在は、メインスポンサーであるリップカールによるサーフトラベルシリーズ「The Search」でお馴染みですね。

今回の動画は、サーチシリーズとは別に、ルーク・ハインドが今年訪れた3箇所へのサーフトリップをまとめた11分台という少し長めのトラベル映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回のプロジェクトがスタートしたのは今年5月のこと。インドネシアトリップを皮切りに、オーストラリアのSA(サウスオーストラリア)州の砂漠地帯やTAS(タスマニア)州にて、ウインタースウェルを当てたとのこと。

今回のようなトラベルプロジェクトに加え、リップカールのサーチシリーズにも頻繁に参加したりと、トラベルサーファーの色合いが濃いルーク。

細身の体型にグーフィーフッターという点から、ロブ・マチャドやクレイグ・アンダーソンと言ったフリーサーファーに相通じるイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

しかし、今年も数は少ないもののWQSイベントに出場したりと、活動を見ている限りは完全にフリーサーファーの道を選んだというわけではないと思います。

例えば、オーウェン・ライトとタイラー・ライトの弟であるマイキー・ライトは、将来的にはワールドツアーを目指すと口にしているものの、現在はWQSに専念しているわけではありません。

プロサーファーの選手寿命が伸びたことから、若い内からスケジュールに縛られたコンテスト生活を選ばないという選択肢もできたのかと思います。

ルークがコンテストの道を選ぶのかどうかは分かりませんが、どの道を選んだとしても、今後目が離せないエキサイティングなサーファーであることは今回の動画を見る限り間違いないですね。