レッドブルの「No Contest」シリーズ@2016年フランス!レイデイのフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

red-bull-no-contest-2016-france

メンズはキアヌ・アシンがワールドツアーイベント初優勝、ウイメンズはカリッサ・ムーアが今シーズンのツアーイベント初優勝という結果となったフランスイベント。

タイトルレースを見ると、メンズはジョンジョン・フローレンスとガブリエル・メディナの争いに、ウイメンズはタイラー・ライトが初となるワールドタイトル獲得となりましたね。

キアヌ・アシン優勝!2016年WCT第九戦「クイックシルバー・プロ・フランス」最終日

カリッサ優勝!タイラー初ワールドタイトル!2016年WCT第九戦「ロキシー・プロ・フランス」最終日

今回の動画は、フランスイベントのレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)に撮影されたレッドブルによる「No Contest」シリーズをお届けします。


スポンサーリンク



出演しているのは、レオナルド・フィオラヴァンティ、マット”ウィルコ”ウィルキンソン、ジョシュ・カー、アドリアーノ・デ・スーザ、コロヘ・アンディーノ、ミシェル・ボウレズ、ジョーディ・スミスなど。

レイデイの波という事ですが、かなりコンディションが良さそうに見えますね。下手すれば、コンテストがオンになった時よりもベターなようにも思えます。

ただ、レイデイにしたと言うことは、良い波も入るけれど、コンスタントにセットが入るコンディションではなかったのでしょう。

ちなみに、「コンスタント」とは英語ですが、英語で「波がコンスタントに入る(入らない)」といった表現の時には「コンスタント(constant)」ではなく、「コンシスタント(consistent)」という英単語を使います。

例を挙げると、「波がコンスタントに入らない」や「セット間が長い」といった場合には、「consistent」の冒頭に「in」を付けて反意語にして、「The surf(wave) is inconsistent」と言います。

サーフィン英語に興味のある方がどのくらいいるのか分かりませんが…、参考にして見て下さい。