イギリスのウェイブプール開催の2016年UK国内ツアーイベントのフォーマット発表

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Surf Snowdonia

via Surf Snowdonia

ウェイブガーデンの造波装置を使った商業ウェイブプールとしてウェールズ(イギリス)で2015年夏にオープンとなったサーフ・スノードニア(Surf Snowdonia)。

技術革新による近代ウェイブプールの新たな幕開けとして、大注目を浴びてのことでしたね。そして先日、イギリス国内ツアーイベント会場になったことをお伝えしました。

ウェイブプールでのコンテスト時代の幕開け!?スノードニアでUK国内ツアーイベント開催決定

今回の記事は、イギリスのウェイブプール「サーフ・スノードニア」で10月24日に開催されるサーフィンイベントのコンテストフォーマットが発表されたのでお届けします。


スポンサーリンク



サーフ・スノードニアというウェイブプールを舞台にイギリスのトップサーファーが集まって競うイベント「サーフ・スノードニア・プロ・サーフ・チャレンジ(Surf Snowdonia Pro Surf Challenge)」。

個人的に最も興味があったのはコンテストフォーマット。と言うのも、ウェイブプールでは規則的に波を発生することができるため、海でのコンテストと同様のフォーマットを適用することが不可能なためです。

同イベントはオープン部門、ウイメンズ部門、アンダー18部門の3つから成ります。出場サーファー数は、オープン部門が20名、ウイメンズとアンダー18は各10名。

どの部門も、ファーストラウンドでは各サーファーが3本の波に乗り、オープン部門ではシングルスコアの高い順にトップ8、ウイメンズとアンダー18ではトップ4を選出。

その後、オープン部門はクオーターファイナル、ウイメンズとアンダー18はセミファイナルから一対一によるトーナメント形式がスタート。

トーナメントでは、サーファーが一本づつ波に乗る毎に勝敗が下され、勝ったサーファーは1ポイント獲得。ヒートの勝敗は、合計で3ポイント先取したサーファーが勝ち上がることになります。

これは昨年レッドブルが開催したウェイブプールイベントと同じフォーマットですね。すでにレッドブルが先駆者としてウェイブプールイベントを開催したので、似た形式になるとは思っていましたが、まさか同じとは…。

ウェイブプールで開催されたサーフイベント2015年度「レッドブル・アンリーシュド」

何はともあれ、非常に興味深いイベントなので、イベントダイジェスト動画が公開されればと願っています。

参照記事:「REVEALING OUR BIG NAME LINE-UP & COMPETITION FORMAT FOR FREE UK PRO SURF CHALLENGE EVENT

ウェイブガーデンとサーフ・スノードニアに関連する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

近い将来にはナイトサーフィンも可能になりそうなウェイブガーデン

ウェイブガーデン創業者の息子たちが見せる人工波@Nランドでのライディング

反復練習可能なウェイブプール@ウェールズでキッズサーファーがトレーニング

次世代トレーニング!スノードニアのマシンウェイブでグロムサーファーをコーチング