フィリペやヤゴなどブラジリアンによるインドネシアのメジャーエリアトリップ@2016

シェア(記事を気に入ればお願いします)

filipe-toledo

ワールドツアー入りしてくるブラジリアンサーファーの数が増えてきて、2014年にガブリエル・メディナがブラジリアンとして初のワールドチャンピオン、翌2015年にはアドリアーノ・デ・スーザがワールドタイトル獲得とサーフィン界で活気付くブラジル勢。

当然、ブラジル国内でもサーフィン人気が加速し、通信会社の「オイ(Oi)」や電力会社のフルナス(Furnas)が、サーファーのスポンサーとなるほど。ちなみにオイは、ブラジルイベントの冠スポンサーでもあります。

サーフ業界にお金が流れるようになったということは、メディア部門も発達してきますね。今回の動画は、ブラジリアンサーファーによるインドネシアトリップの映像をお届けします。


スポンサーリンク



当ブログでも紹介していますが、世界的には無名に近いサーファーでありながら、凄まじいスキルを持つサーファーの多いブラジリアン。つまり、才能の宝庫でありながら、脚光を浴びさせるだけの金銭的余裕がなかったとも言えます。

もちろん、アメリカやオーストラリアと言った既存のメディアが取り上げてもおかしくないはずなのですが、先進国のメディアがブラジリアンをフィーチャーすることは少なかったです。

ワールドツアーサーファーの数がオーストラリア勢に次ぐ二番目の規模になった時でさえ、ワールドツアー運営団体「WSL(ワールドサーフリーグ)」による2015年のWSLアワード(前年度ツアーのベストムーブやパフォーマンスを選出するイベント)では、不思議なほどブラジリアンの受賞はありませんでした。

しかし、アドリアーノがワールドタイトル獲得となり、2年連続でブラジリアンがツアーを席巻することで、徐々にブラジリアンに対する世界の扱いは変化することに。

ブラジルの国内産業もサーフィンというスポーツに注目するようになり、サーフィンが成り上がるための手段の一つとも言われるようになっています。そんなタイミングで公開された今回の動画。

動画の舞台はインドネシアで、ジャワ島、ロンボク島、スンバワ島、メンタワイ諸島など。エリア毎に参加サーファーが異なるために出演サーファーは多数となっています。

Filipe Toledo
Mateus Herdy
Caio Vaz
Icaro Ronchi
Yago Dora
Kayu Vianna
Yuri Goncalves
Ernesto Nunes
Petterson Thomaz
Paulo Moura
Ian Cosenza

以前にブラジリアンサーファーをフィーチャーしたサーフムービーについてお届けしましたが、今後も露出が増えてくるはずのブラジリアン。どんな逸材が登場するのかと思うと楽しみです。

ブラジル人サーファー勢揃いの作品!サーフムービ界でも吹き始めたブラジリアンストーム

ブラジリアンサーファーとスポンサー事情に関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ブラジルの女性トップサーファー/シルヴァナ・リマが明かす女性サーファーのスポンサー事情

サポート環境の整ったブラジル!ペドロ・スクービーの世界ビッグウェイブハント動画

ブラジルの若手ビッグウェイブサーファーのチャージ動画&スポンサー状況が好転のブラジル