ジョンジョン・フローレンスの初ワールドタイトル決定前後のバックステージ動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

jjf-tournote-champ

ポルトガルで開催されていたワールドツアーイベント「メオ・リップカール・プロ・ポルトガル」中、自身初となるワールドチャンピオンに輝いたジョンジョン・フローレンス「John John Florence」(24歳)。

ハワイアンサーファーによるワールドタイトル獲得は、デレク・ホー(1993年)、サニー・ガルシア(2000年)、アンディ・アイアンズ(2002~2004年)に次いで4人目という快挙となりました。

今回の動画は、ジョンジョン・フローレンスがポルトガルでワールドタイトル獲得に至るまでのバックステージ映像をお届けします。


スポンサーリンク



バックステージ映像ということで、ライブ中継で見るシリアスな雰囲気とは一転、ワールドツアーサーファーの和やかな空気が伝わってくる今回の動画。

ジョンジョンの初タイトルに対し、11回もタイトル決定という最高の瞬間を味わってきたケリー・スレーターも動画には登場。

ジョンジョンのタイトルが決まった動画後半にて、ジョンジョンの背番号である数字「12」を指差しながらケリーは「来年は背番号を12にしようと思ってるんだ、(12回目の)タイトルを獲るためにね」と言及。

ケリー流のジョークかと思いきや、昨日の記事でお届けしたように本人は本気だったのですね。

ジョンジョンに触発されたケリー・スレーターが45歳になる来年のワールドタイトル狙いを公言

ちなみに、ワールドタイトルが確定したポルトガルイベント最終日、イベント自体は午前中に終了。ジョンジョンはお祝いモードで日中から美酒に酔いしれるのかと思いきや、スタブ誌によると午後には2時間以上のフリーサーフを楽しんだとのことです。


ジョンジョン・フローレンスのワールドタイトル関連の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

2016年WSLメンズ部門ワールドチャンピオン:ジョンジョン・フローレンス

ジョンジョンが優勝とワールドタイトル!2016年WCT第十戦「メオ・リップカール・プロ・ポルトガル」最終日

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)