• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

norfolk-island-surf-travel

日本人で知っている人は少ないであろうノーフォーク島(Norfolk Island)。オーストラリア領である同島は、オーストラリアの東、ニュージーランドの北西に位置します。

あまり知られていない場所であることから、手付かずの自然や美しい風景が広がり、観光業を主な産業としている同島。

今回の動画は、今年前半に波を求めてオーストラリアのプロサーファーであるジャック・エントウィッスルとニック・ジョーンズがノーフォーク島をサーフトリップした映像をお届けします。


スポンサーリンク



地図で探しても、どこに位置するのかほとんど分からないほど小さな島であるノーフォーク島。下記地図の赤ピンが刺されている場所が、ノーフォーク島となります。

via Google Map

via Google Map

そんなマイナーエリアへのサーフトリップが敢行された理由は、ノーフォーク島観光局とニュージーランド航空による要請だったと言います。

と言うのも、ニュージーランド航空のフライトはノーフォーク島へと運行しているため。北島のオークランドからは直行便で2時間、北島の南端に位置するウェリントン、南島のクライストチャーチからは、オークランド経由のフライトが5時間弱で就航しています。

いわゆる僻地と言えるノーフォーク島。現代社会における利便性の面では劣るのかもしれませんが、透き通るような海水、美しいロケーションといった点では冒険心をくすぐるようなサーフデスティネーションではないでしょうか。

サーフトリップの関連記事
  • アメリカ東海岸出身サーファー3名が行くスモール~ビッグサイズのメキシコ
  • ビラボンガールズが行くスンバワ島:エピソード1
  • パナマのビーチブレイクバレルに果敢に突っ込むアレックス・ノスト&フォード・アーチボルド
  • クーパー・チャップマンのインドネシアセッション
  • インドネシアにもまだあるシークレットスポットを求めたボートトリップ
  • ルーク・ハインドの2016年サーフトリップ~インドネシア・タスマニア・南オーストラリア~

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事