初開催となった2016年「Wave of the Winter」南半球版はダミアン・ホブグッドが受賞

シェア(記事を気に入ればお願いします)

damien-hobgood

一本のベストバレルライド映像で競うイベント「O’Neill Wave of the Winter」。2014/2015年シーズンまでは、冠スポンサーはオニールではなく、オークリーでしたね。

同イベントはハワイがビッグウェイブシーズンとなる冬場のオアフ島ノースショを舞台に行われ、過去にはジェイミー・オブライエンやケリー・スレーターも受賞しています。

今年から同イベントの規模がグローバル化し、南半球のウインターシーズンも対象となり、「O’Neill Wave of the Winter Southern Hemi」が6~9月に開催となっていました。

今回の動画は、「O’Neill Wave of the Winter Southern Hemi」を受賞したダミアン・ホブグッドのインタビューや受賞映像をお届けします。


スポンサーリンク



6月から9月まで、毎月ベストバレル映像を選出していき、最終的に月間ベストの中から受賞映像を決定する同イベント。

南半球バージョンとして初開催となった同イベントを制したのは、元WCTサーファーで現ビッグウェイブサーファーのダミアン・ホブグッド「Damien Hobgood」(37歳)。受賞映像の撮影地はジャワ島(インドネシア)のGランド(グラジガン)です。

ダミアンがGランドを訪れたのは、以前にもお伝えしたホブグッド兄弟のドキュメンタリー作品の撮影だったそうです。

CJ&ダミアンのホブグッド兄弟のドキュメンタリー作品が2017年初旬に公開予定

6月に撮影トリップのスケジュールが取れたから、スウェルチャートをチェックしながらベストスポットを考えてたんだ。そして選んだのが初トリップのGランド。

到着初日の波はパーフェクトそのものだったよ。持っていった長めのボードを全部折っちゃったけど。だから、受賞映像で乗っているボードは、サーフキャンプからの借り物だったけど、いい仕事をしてくれたね。

ダミアンのバレルに対する考え方は、「メイクできなくてもいいから、出来るだけディープなポジションを攻める」とのこと。だから、ボードが折れまくっちゃうんですね…。

ちなみに、ダミアンは「Wave of the Winter」の受賞を密かに狙っていて、ジェイミーなどにジェラシーを感じていたそうです(笑)。そのため、新設された南半球バージョンでの初受賞は格別だったことでしょう。

「O’Neill Wave of the Winter」に関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

オアフ島ノースショアのベスト映像凝縮の「O’Neill Wave of the Winter The Movie」

2015/2016年シーズン「O’Neill Wave of the Winter」受賞はマイキー・オショーネシー

2014/2015年シーズン「Oakley Wave of the Winter」を受賞したジェイミー・オブライエン

2013/2014年シーズン「Oakley Wave of the Winter」を受賞したケリー・スレーター